netgeek

0

安室奈美恵が玉城デニーを応援?やはり無許可だった

腹BLACK 2018年9月25日
 

玉城デニー陣営が歌手の安室奈美恵を勝手に味方にしていた問題で、琉球新報が記事「安室さんが特定候補者支援は偽情報」にて取材した結果、無許可と分かったと結論づけている。

「安室奈美恵はたぶん応援派だろう」で画像を作成。

問題の画像を投稿したのは「VOTE for DEMOCRACY」というアカウントで、取材の過程でアカウント運用者は女性だと分かった。

まずエイベックス・エンタテインメントは「安室奈美恵はすでに私人となったため、取材は一切受けていない」とノーコメントの姿勢。しかし、画像を投稿したアカウントに確認すると、女性は「安室奈美恵さんの翁長知事に対する追悼文から玉城デニーを応援していると思い、自分の考えで投稿した」とコメント。要するに無許可ということが判明した。

画像はネット上で拾ってきたものを勝手に加工したのだろう。

さらに玉城デニー陣営も「選対本部として発信したものでない。正確な情報に基づいて発信されるべきだ」とコメントし、やはり「安室奈美恵の正式な許可はとっていない」という裏付けがとれた。

玉城デニー派の問題行動は他にも多数確認されている。

(1)応援事務所に安室奈美恵のポスターを掲載。

(2)玉城デニーのポスターを貼った白の軽バンが、「NEVER END」「Hero」 (安室奈美恵の曲) を流しながら玉城デニーの名前を連呼する選挙活動を行っている。酷い印象操作であるし、音楽も無断利用であろう。

(3)玉城デニー本人がFacebookにて安室奈美恵のコラをシェア。

最後の投稿についてはグレーゾーンではあるが、余罪がたくさんある玉城デニー陣営だけに本人もグレーゾーンに足を踏み入れてしまうのはいかがなものか。むしろ仲間に対し、安室奈美恵を無断使用しないよう呼びかける立場だと思う。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!