netgeek

9

【炎上】「新聞は偏ってもいいんです」 池上彰のマスコミ解説がおかしいと騒ぎに

腹BLACK 2018年9月23日
 

9月22日放送の「池上彰のニュースそうだったのか」(テレビ朝日)で池上彰が奇妙な解説を行った。パクリ問題で炎上する中でわざわざ自ら火に油を注いだ。

おかしな解説を3つ紹介したい。

(1)池上彰「新聞は偏ってもいいんです」

池上彰「新聞は表現の自由があるから何を言ってもいいというわけになるわけですね。だから逆に言えば新聞がみんな同じだったらかえって怖い。独裁国家にいくといくつもの新聞がみんな同じトーンになっていたり…。多様な言論があってこそ民主主義なんだなということなんですね」

これは相当に世の反感を買う意見だろう。netgeek編集部は違う考えだ。

「新聞は偏ってはいけない。法律で規制されていないからといって何をしてもいいわけではなく、マスコミは善良な心をもって読者に真実を伝えるミッションを負うべきだ。例えばモリカケ問題のときのように、証拠もなく罪もない人を責め立てて冤罪を生み出すようなことをしてはいけない。言論の自由で守られるべきは『意見の違い』であって、『偏向報道』ではないことは自明。池上彰はここを混同している」

(2)池上彰「最近の朝日新聞は『政権に肯定的』に近づいてきた」

毎日13紙を読むという池上彰は政権にどれだけ肯定的かという軸で主要紙のポジショニングを解説し始めた。

池上彰「朝日新聞は前はかなりこっち(批判的)だったんですけど、最近はこっち(肯定的)になってんじゃないの?みたいな声もあってですね。微妙なんですけど、これはあくまで私の判断です」

このように話し、最終的に毎日新聞より肯定的な位置づけにした。しかし朝日新聞は枠からはみ出すぐらい批判的なわけで、ネット上では「池上彰はテレビ朝日の番組だから配慮したのだろう」と裏の意図があると囁かれた。

(3)池上彰「公共の電波を使っているテレビは放送法を守って中立公平にやらなくてはならない」

放送法では確かにそうなのだが、実際には偏向しまくっているのが現状。公共放送のNHKですら偏っているのだから解説するならその点に触れないとおかしい。法律がこうなっているから現実もこうだと机上の空論で理想論ばかりを語ってどうする。

…ということで池上彰の解説はツッコミどころがありすぎた。特に「新聞は偏ってもいい」と言い切ったところはこれから先も大きな波紋を呼ぶだろう。

遡ること2015年。池上彰は東洋経済のインタビュー池上彰が斬る!「朝日より読売、産経が問題」にて「朝日新聞よりも読売新聞と産経新聞の偏向報道が問題」と指摘していた。これは今回「新聞は偏ってもいい」と発言したことと矛盾するではないか。

要するに池上彰は安倍政権に批判的な思想をもっており、その場その場で自分に都合のいいポジショントークを繰り広げているだけということなのだろう。

インチキなマスコミ解説などしていないできちんとパクリ問題に向き合ってほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. 池上彰のニュース「そう(池上彰は嘘)だったのか」
    詐欺師を白状する池上センセイ!
    報道の自由=言論の自由(表現の自由)=捏造の自由?
     正義の味方?報道の自由を掲げる雛壇(サクラ)捏造先生池上彰、どうした?
     職責者(業とする者)には、捏造の自由など、どこにも無い!赤福(製造日等表示偽造で倒産寸前)、吉兆(使い回しで廃業)等々が、現実世界世の習い!
     報道の自由=言論の自由=捏造の自由など、現実世界には、どこにも無いよ、池上詐欺師(捏造の自由=詐欺師)!
    詳細は下記を選択して検索。
    池上彰のニュースそうだったのか 2018年9月22日 180922

    真実史観

     
  2. netgeekは自分で何を言っているのか理解していないのか

    例えばモリカケ問題のときのように、法律で規制されていないからといって何をしてもいいわけではなく、アベは善良な心をもって読者に真実を伝えるミッションを負うべきだ。

    と言っているのがサヨクで

    例えばモリカケ問題のときのように、法律で規制されていないからといって何をしてもいいわけではなく、朝日新聞は善良な心をもって読者に真実を伝えるミッションを負うべきだ。

    と本記事で主張したのがnetgeek。自分で勝手に決めた枠組みで相手を批判しているだけだからnetgeekはサヨクと知能レベルが一緒。
    法律の枠組みを越えたところが問題なのであって、安倍首相のように公人でもない私企業にそれ以上を求めるのは筋違い。

     
  3. >朝日新聞綱領
    >一、真実を公正敏速に報道し、評論は進歩的精神を持してその中正を期す。

    これが、朝日のフェーク、声明

     
  4. 偏るのはいいって点だけはわからんでもない
    正確には偏ってしまうのは仕方ないって方向

    偏ってるのに偏ってないような体裁で語る事が物事をややこしくしてるんだよ
    中立であらねばならないってのはスポンサーを抱えるマスコミとしては不可能だからな

     
  5. ある程度まともなうちに引けば死んでも良い人だったのに、ネジが狂っちまったばっかりに、この人も人生の終盤で世間から嫌われて死んでゆくタイプね。
    存在しない方が良かったと他人に思われて終わる人生ってどうなんだろう。

     
  6. 新聞が偏向してても良いということなら、毎回紙面に「我々の報道は偏向しており、いかなる事実を伝えるものでもありません」って、但し書きを入れるべきなんだよ。

    偏向してるのに偏向してないふりをするから問題なのであって。
    偏向ぶりを隠そうともしない赤旗新聞を見習いなさい。

     
  7. 嘘や捏造してでも偏らせているのが問題なわけで…。
    例え間違っていても謝罪はなし。
    池上は新聞やテレビが週刊誌と同じレベルに堕ちている自覚はあるのかな。

     
  8. 放送法第四条
    一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
    二  政治的に公平であること。
    三  報道は事実をまげないですること。
    四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

    放送法では、偏向していいなんて事にはなっていないと思いますよ

    これを偏向しても良いと解釈するのであれば、まずは政治的立場を明らかにすべきでしょう
    この番組は左派論調でお送りします、等の一言があるとか、テロップを入れる等するのであれば、ある意味で公平と言えるでしょうね
    馬鹿げていますけどね

    問題なのは、あたかも公平な意見として偏った事を言うのは放送法に抵触していると思います

    ある意味では、これは法の不備とも言えると思いますね
    主張する内容がどの立場なのかという事の自覚というのは難しいですからね
    公平である事と言われても、何が公平なのかを判断する文言が記載されていないですからね

    なので、池上氏はそういう意味で偏向してもいいと言っているのかもしれませんが、放送法で政治的に公平である事という文言がある以上は、偏向してもいいという事にはならないと思います
    正しくは、「遵守義務がない」という事だと思います

    しかし、遵守義務がないからと言って文言を守らなくても良いと主張するのは、まさに公平性を欠いているという事になると思います

    もしくは、池上氏が放送法第4条を知らなかっただけという可能性もあります
    放送法は法律です
    「中立でなければ・・・という法律はない」という画像のテロップと矛盾しますからね

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!