netgeek

4

重すぎるランドセル、文部科学省が指導へ。ぐっじょぶ!

腹BLACK 2018年9月6日
 

小学生の重すぎるランドセルが問題視されている件について文部科学省がついに対処に乗り出した。全国の小学校にいわゆる「置き勉」を認めるように指導する。

健康に悪影響も。

大正大学・白土健教授の調査によると、小学校低学年のランドセルの重さは平均で7.7kg。小学生の平均体重が21kgなので1/3とかなりの負担だ。

調査の中では約10kgのランドセルも。

ここまで重いものを背負って通学するのは健康に良くない。腰痛や膝を痛めたりする原因になるだろう。

重要でないところで無駄に頑張るのはよくない。教科書を学校に置きっぱなしにしてもいいルールに変えるべきだ。

現在、置き勉を認めるかどうかは学校の判断に任されており、厳しい学校では全ての教科書を持ち帰る決まりになっているところも…。文部科学省では今後、教育委員会を通して学校対応を指導していく。

具体的には「宿題が出た教科のみの持ち帰りにする」というルール。

教科書は昔よりも内容量や副読本が増え、算数、国語、理科、社会の合計は約2倍の重さになっているという。そんな中で文部科学省が指導に乗り出したのは非常に喜ばしいこと、ネット上ではそう絶賛されている。

しかし根本的なことを言えば、教科書を電子書籍化してタブレット端末で勉強するスタイルにすべきではないだろうか。採点や提出・返却なども一気に効率化できるだろう。世界的にも先進的な教育に取り組むことで日本の株がまたあがるかもしれない。

また、先生が黒板に書いてノートに書き写すという方法にも疑問を唱えたい。この点についてnetgeekでは動画を作成したので是非見てみてほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. ランドセル自体が重いのならメーカー責任だろうし、
    教材が多すぎて重いのなら教育委員会の責任?
    置き勉って、前日に翌日の用意をするのはいい躾教育だったよ。

     
  2. 博士クラスならまだしも、一般の教育者ってオベンキョウはできても賢さが足りない奴が多いからな。義務教育は競争あるビジネスではないから、決められた枠にハマってるだけでこなせてしまうだろうし…教師と言えど底辺~中堅の一般人で相手も子供だから仕事の中で「知恵」が育たないのは仕方ないけどね。

     
  3. そもそも教科書を重くしたのは文部科学省なんだけどね。
    B5からA4にしたり、上下巻で別だったのを通年使用する分厚いのにしたり。
    そんで指導とかって違うだろと。この記事の最後にもちらっとマシなこと書いてるけど、軽くする努力してから言えっつの。

    ところで、ノートうんぬんの動画は、記事とはあんまり関係ないよね。動画主が言っていることは個人的な経験と感想。ライターさんは何を煽りたいのかね?
    んで、「一般の教育者」とかってひとくくりで想像したことをさも真実のように語る事情通気取ってるコメントとかもうね・・・。でもまぁ、確かにかたくなに家に持って帰らせようとする金剛石並みに頭のかたい教師がいるのも事実ですが。一部をとりあげてさも全部がそうみたいな言い方、書き方はうんざりする。

    最後にひとこと。

    でも、やっぱり中高生のライドセルや鞄は重いです。7kgとか登山なみw
    こんなふうに話題として広がる前に、学校の先生達にはいちはやく気付いて対策してほしいと思います。(もちろんすでにしているところもあるんでしょうけど)

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!