netgeek

0

【速報】矢野さとるが遠隔操作の真犯人(小保方銃蔵)から受け取ったメールを全文公開する神対応!

腹BLACK 2014年5月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

PC遠隔操作事件の真犯人を名乗る人物、小保方銃蔵が複数のメディアや弁護士にメールを送った件について、予告.inやおーぷん2ちゃんねるを運営する矢野さとる氏が自身のブログにて受け取ったメールを全文公開した。

satorunetyokoku

参考:遠隔操作の真犯人(と名乗る)人物からのメールが今回も来てた件
http://d.hatena.ne.jp/satoru_net/20140516

メールの送り主は「小保方銃蔵」となっており、本文には「片山祐輔被告を見ていてかわいそうになった」、「保釈金1000万円って酷すぎますねぇ」と片山被告を擁護しつつも警察のあり方を非難する姿勢をみせている。

sk_remote

メール後半では片山被告をなぜターゲットにしたかといったことから、これまでの手口、代替案として考えていたことまで詳細に明かしており、事件の真相を明らかにするにあたって大変興味深い内容となっている。中でも「おまけ 秘密の暴露」としてまだ公開されていない文章を書いている箇所は、真犯人しか知り得ない情報であり、片山被告が本当に純粋な被害者であるという可能性を濃厚にしている。今回新しく出てきたこのメール文により、事件は大きく動くだろう。

ITに詳しい矢野さとる氏は発信元の情報を分析し、IPアドレスは118.241.250.93、プロバイダはSo-net系列であるというところまで特定。さらにこれまでの文面の特徴だった「・・・(全角で3文字)」が、今回のメールでは「…(全角一文字)」になっていたと指摘し、模倣犯の可能性を示唆しつつも「本物?摸倣犯?いまんとこわからん」と綴っている。

twitterの反応

 

 

まさかの真犯人(?)登場にtwitter上は騒然となっている。模倣犯だとしても警察は全力でこの人物を特定しにかかるだろう。長期化する遠隔操作ウイルス事件に目が離せない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!