netgeek

7

【炎上】映画「カメラを止めるな!」はパクリ。原作者が告発

腹BLACK 2018年8月21日
 

製作費300万円なのに興行収入10億円突破が目前。異例の大ヒットとなった映画「カメラを止めるな!」にパクリ疑惑が浮上した。

原作者の和田亮一氏が告発。

2011年から2014年まで劇団「PEACE」を主宰していた和田亮一氏(32)は自分の作品が上田慎一郎監督に盗用されたと主張する。経緯を簡単にまとめると以下の通り。

・映画「カメラを止めるな!」が大ヒットしていると耳にする

・劇団の後輩「あれ先輩の作品「GHOST IN THE BOX!」が原作ですよ。知らなかったんですか?」

・すでに劇団は解散しており、気分がひどく落ち込んだ時期もあった。作品が生きているなら嬉しい

・FacebookやTwitterで「みんな見てね」と宣伝した

・だが、クレジットに自分の名前が出てこず、パクリなのだと気づいた

・「名前を入れてほしい」と抗議するも「全く別物なので」と断られる

・話し合いの結果「原案:劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」(作:A 演出:和田亮一)」と入れることになった

・しかし「原作」と入れてほしいし、契約書をみたら自分は権利はもてないということだった

・前半で劇中劇を見せて、後半でその舞台裏を見せて回収するという流れが同じ

・舞台はかつて人体実験が行われていた廃墟という設定も同じ

・「カメラは止めない!」というセリフは舞台にもある

・2013年に舞台を再演したとき、上田慎一郎監督も見に来ていた

・2015年に上田慎一郎監督が舞台「GHOST IN THE BOX!」の映画化を提案するも頓挫

・2016年に上田慎一郎監督が脚本を書き直して映画化の話を進める

上田慎一郎監督は「オリジナルストーリー」と主張

和田亮一「弁護士に相談し、著作権侵害で訴訟を起こす準備を進めている」

▼真ん中が上田慎一郎監督(34)。

ネット上では「映画がヒットしたからお金目的で告発したのでは?」という穿った見方をする人もいるが、原作者・和田亮一氏の主張には筋が通っている。せめて使用料を払う、収入の何パーセントかを渡すなど、金銭面の契約を交わし直す必要はあるだろう。

【追記】

上田慎一郎監督は「舞台に着想を得た」「舞台にインスパイアされた」と語っている。監督としての経験が浅く、権利関係に疎かったということなのだろう。原作者には事前に話をつけ、お金を払っておくべきだった。

炎上してから上田慎一郎監督が改めて「オリジナル」と主張。

しかし共通点が多すぎるうえに舞台と映画両方を見たひとからは「丸パクリ」と批判されている。

▼類似点を検証したまとめ画像 ※ネタバレあり

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. いつも思うのですがもう少し調べてから記事は書いた方がいいのでは?
    それでよく朝日をバカにできますね
    (私もアンチ朝日ですが)

     
  2. 原案でスペシャルサンクスで済まさず、やっぱり少しでもお金が発生するようにしてあげるべき内容かな。

     
  3. 一番上のコメントの方に言いたいのですが、もう少し調べてから記事を書くようにと指摘される場合は、具体的にどの部分の情報が足りていないのか、どの部分が間違っているのか等、具体的に反論をしないと、この記事のどこに問題があったのか理解できません

    面倒くさいと思うかもしれませんが、そうしなければ指摘になりません
    指摘内容の記載がない場合は、本当は調べが足りているのに足りていないと決めつけているだけという可能性が残ってしまいます
    つまり、記事の内容と貴方のコメントのどちらが正しいのかという事が、見ている側からすると真贋が付かないわけです

    例え本当に貴方の言う通り調べが足りなかったんだとしても、後付けでなんとでも言えてしまうような言い方は、基本的には不誠実であり不必要なバッシングをしたいだけだと捉えられても仕方がないと思います

     
  4. とおりすがり 2018年8月22日 at 11:14 PM

    https://trendy15.info/?p=18185
    ↑コレを読んだら、元劇団主催者さんは最初は絶賛して、この作品は別物と言ってたのに週刊誌に売り込んだり、この件とは別に持ち逃げ疑惑もあるようで。

     
  5. 今、わかっている似ている所。

    冒頭女性が襲われてるシーンから始まる。
    カットの声で撮影が止まる。

    撮影中断、会話の中で旧日本軍の人体実験の噂話がでる。

    人が殺されていく物語が進行(起こっていたトラブルを後でネタばらしする為の伏線)

    最後、冒頭の女性が襲われているシーンと同じような状況になり殺されそうになる。

    長い暗転で一旦、話が終わったかの様な演出。

    撮影をスタッフ側からみた芝居がはじまる。(観客は先程までの話が全て映画の撮影だったと気付く)

    先程の映画の撮影中、台本にない数々のトラブルをアドリブで切り抜ける様子を見せていく。

    その他

    リアリティーを求めて監督が殺人を犯した事をいう。

    カメラは止めないで撮影する事が監督から言われる。

    部外者が、モニター室のスタッフとして突然参加する。

     
  6. まだ映画見てないから詳細な類似点とかは見れてないけど、1つ言えるのは言い出すタイミングがおそすぎるということだわ
    もっと公開当初から言ってたなら分かるけどテレビで取り上げられたりしてから権利欲しい(分け前欲しい)なんて出てきかたしたら世論はあまり味方してくれないよ
    まぁ十分儲けてるし少しけちったりしても意味無いから利益の三割くらい分け与えれば円満解決でしょう
    裁判が楽しみ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!