netgeek

15

【速報】EUがサマータイム廃止へ。健康に悪影響。日本「え?」

腹BLACK 2018年8月19日
 

2020東京五輪に向けて日本でもサマータイム導入が検討され始めた。しかしEUは逆に「サマータイムにはデメリットしかない」と廃止の方向で動き始めている。

サマータイム導入中の国で国民が「早く廃止して!」と声をあげる。

ヨーロッパではサマータイムをめぐって大変な事態が起きているようだ。まず期待されていた2つのメリットは確認できなかった。

・夜間のエネルギー消費を減らす効果は確認できなかった(むしろ電化製品が増えて、エネルギー消費も増えた)

・レジャー活動の活性化はなかった。仕事が早く終わるというのは幻想

それどころか実際に導入してみて次のようなデメリットが確認された。

・心臓発作のリスクが高まる

・体内時計に悪影響

・睡眠不足で注意不足からの事故が増える

睡眠障害コンサルタントとして多くの患者と接するジョセフ・ガノンは「クリニックの患者が増えた」と証言する。1時間どころか日本の2時間早めるアイデアはとんでもないのだという。

EU28ヶ国はすでに廃止に向けて動き出している。

・フィンランド、7万人が廃止してほしいと署名し政府もEUに廃止を提案

・ラトビア、76%が反対

・オランダ、2万人が署名し、政府もEUに廃止を提案

・フランス54%が反対

・ドイツ74%が反対

・リトアニア、政府が廃止の方向

EU欧州委員会は今後、パブリックコメント(一般市民の意見)も参考にして決めていくという。

もともと日本では熱中症対策としてマラソン時間を早めるためにサマータイム導入が検討され始めた。サマータイムだと涼しい時間にスタートできて最も暑くなる前にゴールできるというのだ。

しかしそのような目的ならば日本全体でサマータイムを導入しなくても、マラソンのスタート時間を早めればいいだけ。多くの日本人が異論の声をあげている。

スッキリではスタジオの出演者全員が反対。

視聴者アンケートでも反対が賛成の3倍以上という結果に。

出典:https://twitter.com/domoboku/status/1029667743233015808

加藤浩次は「プレミアムフライデーですら定着しなかったのに、明るい時間に帰るなんて無理だろう」とコメント。サマータイムを導入すると出勤時間は確実に早くなるのに、まだ外が明るいからといって帰る時間はより遅くなる懸念が強い。

すでに導入した国がうまくいっていないのだから、日本政府には是非とも考え直してもらいたいものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (15)

  1. 米国、ブラジルに住んでいたが、サマータイムはどちらの国でもあった。
    近年の日本の猛暑を考えると、朝早く活動できるのは良いと感じる。

     
  2. 欧州は気候が穏やかだからサマータイムの効果が薄いだけでしょ?
    今まさにアメリカで経験してるけど、すげー楽ですよ
    記事で「仕事が早く終わるというのは幻想」とか加藤浩次ごときの意見持ち上げて「まだ外が明るいからといって帰る時間はより遅くなる懸念が強い」とか書いてるけど、社員全員の残業代が1時間2時間増えるとどれだけの経営コストになると思います?それで嬉しい経営者がいると思うんですか?「早く帰れ」ですわ。バカなんですかね?

     
  3. 工作か馬鹿なのかわからないけど、この国には「残業代の出ない企業」「みなし残業の企業」「定時が徹底されていない企業」が当たり前のようにあることを視野に入れたほうがいいんじゃないですかね

     
  4. 国外でうまくいったら日本でも上手くいくとは安易に判断できないと思う
    人間だけでなく、コンピュータやシステムをサマータイムに対応させる必要もある訳でそういった対応を全企業や施設が足並みを揃えて出来るかかなり怪しい

    加藤が例として挙げているが週一のプレミアムフライデーすらまともに実施できなかった企業が対応できるかって疑問を感じる人が多いでしょう。足並みが揃わないと勤務時間だけが伸びてしまう最悪のパターンに陥るよ

     
  5. どうせ経団連だろ発案したのは
    企業としたらサービス残業でさらに儲かるからな

     
  6. あの手この手で反対にしたい少数の人達が
    声だけ上げて多数意見だと錯覚させているね

    導入は不可避だよ。世論の後押しもある。
    デメリットも反証され尽くしている。
    ・導入には数兆円の金と数年の時間がかかる
    →無能IT屋の妄言。無能をさらけ出して恥とも思わない国内IT企業には消えてもらう良い機会では。サマータイムの知見が蓄積された海外企業が安い金で対応してくれることでしょう
    ・健康被害
    →思い込み。2時差ボケが長期間続き心臓発作になる

     
  7. >2018年8月21日 at 12:21 PM
    根拠がない、具体性もない、説得力ないでビンゴですね
    妄言、思い込みって書いてますが自分を突き刺す趣味でもあるんでしょうか
    健康被害に限っていえばEUの連中が既に結果を出しているのでまだ信頼性がありますよ

     
  8. それにしてもなんで日本の政府は欧米の後追いしか出来ないのかね。情け無い。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!