netgeek

3

東京五輪の猛暑対策、時計を2時間早めるサマータイムが議論され始める

腹BLACK 2018年8月6日
 

一部マスコミが「東京五輪の猛暑対策、サマータイムが導入へ」と報じ始めている。後に菅義偉官房長官が「政府として方針を決定した事実はない」と否定したのだが、今一度、導入のメリット・デメリットについて確認しておきたい。

東京五輪組織委員会の森喜朗会長が安倍総理に提案。

猛暑対策のサマータイムは2年限定で、来年2019年に試験導入し、2020年に本格運用する予定。午前7時スタート予定のマラソンが午前5時スタートとなり、暑くなる前に終了することができるのがメリットなのだという。

ただし、ネット上では以下のような反論も飛び交った。

・残業が増える

・システムの改修に膨大な時間と金がかかる

・サマータイムが定着するか分からない(プレミアムフライデーの二の舞?)

・体内リズムが狂う

netgeek編集部はこう考える。選手に負荷がかかるマラソンのみを午前5時スタートにすればいいだけの話なのではないだろうか?電力不足を補うためなどという理由ならともかく、何もオリンピックに無関係な人まで巻き込む必要はないように思える。

菅官房長官は現時点では正式な決定ではないと否定。あくまで慎重路線だ。

サマータイムは昭和23年5月1日~9月11日まで実施され、その後4年間続けられていたという過去がある。当時はsummerをローマ字読みして「サンマータイム」と呼ばれていた。

そして当時のサザエさんにはこんな4コマ漫画が掲載されていた。

あなたはサマータイムに賛成だろうか?反対だろうか?時計を2時間も早くするというのは起きるのが大変な気がしてしまう。

2020東京五輪は2020年7月24日~8月9日まで開催される予定。これこそ時間をずらして秋に開催するというのはどうだろう。そのやり方のほうが簡単だと思う。

続き→【速報】EUがサマータイム廃止へ。健康に悪影響。日本「え?」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 夜明け前に起床して、夜明けから正午まで働いて、正午以降は自由に過ごして、日が暮れたら寝るのが一番だろう。

     
  2. そもそも五輪を日本でやる必要がない
    外国でやるからみたくなる
    しかも儲からない

     
  3. 1964年だって10月に開催したんだから、2020年もそのようにすればいい。
    日本でサマータイムは考えられない・・・・

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!