netgeek

3

時差ビズを始めた小池百合子、都民に無視されて笑顔が引きつる

腹BLACK 2018年7月11日
 

電車に乗る時間をずらして通勤の混雑を緩和する「時差ビズ」が7月9日から始まった。小池百合子都知事はキャンペーンをPRするために朝早くからスタンバイする。

参考:「時差ビズ」スタート 小池都知事、キャンペーンを視察 (TOKYO MX NEWS)

※リンク先に動画あり

握手を求める人だかりができる…と思いきや、徹底して無視される。

通勤する社会人に挨拶する小池都知事。

無視されて笑顔がひきつる。挨拶は返ってこないし、そもそも見向きもされない。自分は都知事という偉い立場にあるのに、まさかこんな仕打ちを受けるとは…。

次は若い男性にターゲットを定めて笑顔で挨拶。

完全無視。よりによってカメラが回っているときに、これは気まずい。自分はもっと人気があると思ってこのPRイベントを仕掛けたのだろうが、空振りし続けるばかり。

と、そこに一人の男性が近づいてくる。握手を求めるか!?

スルー!至近距離にいるのに一瞥もせずに足早に立ち去っていく。みんな仕事が忙しいようだ。

その後も小池都知事は都民に無視され続ける。

そもそも時差ビズというものがよく分からない。都知事に立候補したときは「電車を2階建てにして満員電車を解消する」と言っていたのに、全然実現されないではないか。

そしてここに来て時差ビズなるものをPRされても意味がわからない。

東京都は通勤時間をずらす取り組みに1,000社の参加を目指している。実は時差ビズは昨年も実施されていたのだが、参加企業が少ない上に知名度もあがらず、失敗に終わったと指摘される。

netgeekでアンケートをとったところ、やはり「知らない」という意見のほうが多数派だ。

東京オリンピックを進める傍らで学歴詐称疑惑も浮上し、やることがたくさんある小池都知事。引きつった笑顔には疲れが垣間見えた。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 仮にこの人が人気あったとしても、朝急いでる時に遅刻のリスク負ってまで握手したいほどではないな

     
  2. 時差ビズをすることでの会社経営への影響を考えたことはあるのかな?

    プレミアムフライデーも遊ぶ人のサービスために休めない人が出るということを失念している。
    それがサービス業だと言われてばそれまでだが

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!