netgeek

0

タイの洞窟少年救出にイーロン・マスクが動き始めた

腹BLACK 2018年7月7日
 

タイの洞窟に閉じ込められた少年12人とコーチを救うため、起業家のイーロン・マスクがタイ当局と連絡を取り始めた。すでにSpaceXとBoring Companyのエンジニアをタイに派遣したという。

問題はどう助けるかだ。

少年とコーチらは誕生日を祝うために洞窟に入ったが、浸水して脱出できなくなってしまった。洞窟はかなりの長距離で、簡単には脱出できない。

さらにやっかいなことに、非常に狭く酸素ボンベが背負えない箇所がある。

全長4.5km。歩くのも大変なのに、視界が悪い中で酸素ボンベを背負って泳ぐのは大変。体力的にも厳しい。

今はタイの海軍特殊部隊SEALsが食料などを届け、救出作業を担当している。だが苦戦しており、救出はかなり困難だ。

幸いにも子どもたちは元気だという。スナック菓子をもっており、コーチの指示で少しずつ分け合って食べていた。

さて、この事態を知ったイーロン・マスクはTwitterで情報を発信した。

「タイ政府が対応していることは知っているが、自分も喜んでタイ政府に協力する」

「ボーリング・カンパニーはレーダー技術で地下を探知することができ、穴を掘ることに長けている。現地の状況は分からないが、テスラの商用バッテリー『パワーパック(Powerpack)』や送水ポンプを送ることもできる」

「スペースXとボーリングカンパニーのエンジニアがタイ政府に協力可能か調べるために明日タイに向かう」

イーロン・マスクは水中にチューブを通したうえで空気を通して脱出する計画などいくつかの案を出したとされる。

タイ政府は現在、洞窟から水を抜く作業を続けているが、今週末には雨が降ると予想されている。また雨季に入ってしまうと水を抜くのに4ヶ月はかかるとみられる。

検討された方法にはどれもリスクが伴う

・上から穴を掘る(洞窟崩落の恐れあり)

・横穴を探す(本当にあるかどうか分からない)

・排水する(焼け石に水?)

・酸素ボンベをもたせて泳がせる(6時間以上も泳ぐ体力があるのか?)

タイ政府は少年たちにダイビングの技術を教えており、1人あたり2人のサポーターをつけたうえでの脱出を検討している。イーロン・マスクの技術提供で現実的な打開策は見つかるのだろうか…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!