netgeek

5

「お父さん、お母さん、夫、妻は差別用語なので使用禁止」 LGBTに配慮した千葉市の方針が波紋を呼ぶ

netgeek 2018年4月10日
 

千葉市がLGBTに配慮した対応に先進的に取り組んでいる。だが、少なからず反発の声もあり、賛否両論が飛び交っているのが現状だ。

「お父さん、お母さん、夫、妻は差別用語」という驚きの方針。

千葉市は性別を決めつける言動を避けるため、これまで用いられてきた表現を使わないよう求める対応指針を作成した。

誰もが使う言葉が突然、差別用語として認定されるというのは驚き。

さらには千葉市では公的な書類における性別欄を廃止するという対応も。

市が率先して先進的な動きを見せている。

制服も自由に選べるようになる。

あまりにも衝撃的な方針であり、ネット上では賛否両論が飛び交う。主に反対派は次のような意見を述べている。

・言葉狩り

・むしろ住みにくい街になる

・人権屋の仕業

・千葉市だけ特殊な地域になりそう

・教科書が黒塗りされるのも近い

・やりすぎ

例えばLGBTに敏感なアメリカはどうだろう?FatherやMotherが廃止されるという動きはあるのだろうか?千葉市があまりにも先行しすぎているように思えてならない。

ネット上の意見をみると反対派のほうが圧倒的に多い。とりわけフィフィの以下のツイートは4,500リツイートされ、大変支持されている。

自由を求めたら不自由な世の中が見えてきた。これまで使われてきたものを廃止するのではなく、新たな表現を生み出す方針はどうだろう。すでに普及しているものを急に中止させるのは難しい。千葉市の方針はうまくいかないように思える。

https://twitter.com/netgeek_0915/status/983558443532337152

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (5)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!