netgeek

5

「お父さん、お母さん、夫、妻は差別用語なので使用禁止」 LGBTに配慮した千葉市の方針が波紋を呼ぶ

腹BLACK 2018年4月10日
 

千葉市がLGBTに配慮した対応に先進的に取り組んでいる。だが、少なからず反発の声もあり、賛否両論が飛び交っているのが現状だ。

「お父さん、お母さん、夫、妻は差別用語」という驚きの方針。

千葉市は性別を決めつける言動を避けるため、これまで用いられてきた表現を使わないよう求める対応指針を作成した。

誰もが使う言葉が突然、差別用語として認定されるというのは驚き。

さらには千葉市では公的な書類における性別欄を廃止するという対応も。

市が率先して先進的な動きを見せている。

制服も自由に選べるようになる。

あまりにも衝撃的な方針であり、ネット上では賛否両論が飛び交う。主に反対派は次のような意見を述べている。

・言葉狩り

・むしろ住みにくい街になる

・人権屋の仕業

・千葉市だけ特殊な地域になりそう

・教科書が黒塗りされるのも近い

・やりすぎ

例えばLGBTに敏感なアメリカはどうだろう?FatherやMotherが廃止されるという動きはあるのだろうか?千葉市があまりにも先行しすぎているように思えてならない。

ネット上の意見をみると反対派のほうが圧倒的に多い。とりわけフィフィの以下のツイートは4,500リツイートされ、大変支持されている。

自由を求めたら不自由な世の中が見えてきた。これまで使われてきたものを廃止するのではなく、新たな表現を生み出す方針はどうだろう。すでに普及しているものを急に中止させるのは難しい。千葉市の方針はうまくいかないように思える。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. LBGTの人に配慮したと言うなら見当違いもいいとこ。
    男性でも女性、同性愛者はそれぞれ男らしさ女らしさを大切にしている。マッチョな○○が良い例だと思う。
    性同一性障害の人達も同じ。身体と心の性質の違いで苦しんでいるトランスの方は、心の性に合わせようとしている。
    例えば元男性→現女性のMFTで言えば、女性として社会に受け入れらる事を望んでいるんだよ。仮にその人が何らかの形で子供の親になった時、お母さんと呼ばれるのは寧ろ喜びになると思われる。これは想像だけども。

    お母さんお父さんを保護者と言い換えるのは、少なくともLBGTに対する配慮になんかにはならないと思う。
    生来の女性にとっても、命懸けで生んだ子供の母親としてお母さんと呼ばれる事が苦痛になるとは思われない。

    確かに親以外の大人が保護者として役所で手続きをする場合もあるだろうが、その時は普通に続柄を言えば済むだろう。また里親だって親は親だ。それに何の問題が有るというのか?

    千葉市役所の方針が、本当にLBGTに配慮してのものなのか或いは何らかのの意図が隠されているのか解らない。前者だとしても左翼に利用されて広まるのは怖い。後者だとしたらなにを言わんかである。いずれにしても危険な動きだと思う。日本の家族制度の破戒を目論んでいる、と勘ぐりたくもなるわ。

    最近、ブサヨ界隈がLBGTに侵食しつつ有るようだ。LBGTの方々は危機感を持った方がいい。
    ブサヨが騒ぎ立てる事によって、逆に反感をかい差別が広がりかねない!

     
  2. 千葉市、人権屋の言い分を鵜呑みにしすぎたのでしょうか。

    「千葉市は性別を決めつける言動を避けるため、これまで用いられてきた表現を使わないよう求める対応指針を作成した。」

    性別を決めつける言動を避けるって、、、
    人間の身体構造上、そもそも男性と女性という性差が歴然とあるのです。
    戸籍上の性別にあわせた表現をすることに何が問題があるのかわかりません。

     
  3. LGBTに配慮した【千葉市の職員・教職員向けの(窓口対応)】指針を出した のですよね
    何故故意に言葉を削ってフェイクニュースにしたのですか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!