netgeek

9

瀬戸内寂聴「悪口を言われるのは、周囲が悪口を言いたくなるほど幸せだということ」

腹BLACK 2018年4月6日
 

瀬戸内寂聴の言葉が大変ためになるとネット上で拡散されている。何かと生きづらいこの世の中、誰かに悪口を言われたときはどのように心の整理をつければいいのだろうか?

瀬戸内寂聴はすぐに答えを教えてくれた。

出典:https://twitter.com/rinmmmmm/status/980797974916694016

人間誰しも成功者には嫉妬してしまうもので、瀬戸内寂聴はその心理をうまくついて解釈を変えるべきとアドバイスしてくれた。誰かが自分の悪口を言っていたとしても前向きな解釈に変え、気にせず成功者の道を歩み続けるのがいいのだ。

人が幸せかどうかは起きた事実をどう解釈するかで決まるという。コップに半分の水が入っているとして、まだ半分もあると捉えるか、もう半分しかないと捉えるか。ポジティブな考え方をする人のもとには幸福が訪れる。

瀬戸内寂聴の言葉は人生の真理を突いているとして多くの人が感心していた。しかしながら瀬戸内寂聴には強烈なアンチが存在するようだ。

冒頭の画像が拡散されると同時に出家した身としてはおかしな行動をとっているとも指摘された。

欲に忠実に生きる瀬戸内寂聴は、過去に問題行動を多数起こしていることで有名。自己中心的で他人のことは考えない性格のようだ。そんな生き方もまた信念に基づいているのだろうか。

いずれにせよ、悪口を言われるのは幸せな証という考え方は今後、誰にとっても役に立つように思える。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. この人前に、死刑の話で、○したがるバカばかり!とか発言して炎上してたよね?
    こんな遺族の心情も考えられない数を褒めるなんて恥ずかしくないの?

     
  2. こんな老害で死にぞこないで、しかも、もう先は無い奴の言葉などいらん。

     
  3. どんな立場の人間であれ、その言葉に感銘受けたなら褒めるのは構わないと思います。安倍憎しで政権与党のやる事なす事全てにイチャモンつけるような人間は嫌でしょう?

     
  4. 結局、
    寂聴氏は自身の弱さを理解するのでは無くて
    負けたという事ですよ

    永平寺の修行僧の方々の方が
    何倍も崇高か良くわかりますよ

     
  5. 会社内で悪口を言われてる人間がすぐ2名ほど頭に浮かんだけど、どちらも人間的にも仕事的にも全く認められてない。笑
    そんな人間なのに給料はそれなりにもらってて、そういう意味ではラッキーかもしれんが、周りに完全に愛想つかされてるあの状況を見て「羨ましい」「自分もああなりたい」とは微塵も思わない。
    テキトーなこと言うなや

     
  6. 一口に悪口って言っても、内容は色々あるから。
    確かに他人の妬み僻みなんてのだったら気にする必要もないが…正当な批判に対しては己を省みる必要がある。それを一緒くたに悪口だとして切り捨てるようでは独善的だと思う。
    だいたい瀬戸内寂聴って、破戒僧なんじゃないの?その自分を正当化してるだけの言い草に聞こえる。
    瀬戸内寂聴の説話の全てを否定は出来ないと思うけど…この人から仏様の教えは受けたくないなぁ。

     
  7. 「批判」や「嫉妬」、時には「質問」や「注意」でさえ、主観を介することで本来ありえないほどの乱暴さで一緒くたにできる「悪口」という言葉を持ってくる寂聴の言語センスは、なるほど作家らしく卓越したものだなと感心する。
    これは傲慢な自己正当化の為の巧妙なレトリックであり、その意図は極めて悪質なものだ。
    自分に刺さる耳の痛む言説や都合の悪い発想は、全て不幸な他者による己への醜い嫉妬であるのだから、逆説にそれを自己承認とマウンティングに利用せよと説く寂聴には、謙虚さの欠片もない。
    こんな言説が『誰にとっても役に立つ』とは不見識も甚だしい。
    こういった欺瞞と傲慢こそが、この社会を人の生きにくいものにしていく原動力だからだ。
    何もかもがままならぬこの世界で、自分の主意すらままならぬとあれば、そのひずみは一体どこで消費されるのか。建築や機械の構造体も、人の社会も、弱いところにストレスは集中し、折れ、壊れ、連鎖破壊を引き起こす。寂聴のような人間こそが、社会を壊す。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!