netgeek

0

【炎上】ロンブー淳がスポーツ報知の取材捏造を告発

腹BLACK 2018年3月6日
 

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳が青山学院大学を不合格になった件について、スポーツ報知(報知新聞社)が取材をしていないのに取材コメントを執筆していたことが分かった。

田村淳がスポーツ報知を名指しで告発。

頑張って勉強してきたのに不合格になった直後、こんな記事を公開されたのではたまったものではない。田村淳はそもそもスポーツ報知からの取材は受けていないと明言し、さらに発言内容も虚偽だと指摘した。

記事はYahooニュースにも配信されており、これが捏造だったのであれば大問題。記事内には複数箇所にわたり、田村淳のコメントが綴られている。

田村淳は記事の削除・訂正を求めるものの、6日になっても修正は一切なし。ネット上では田村淳の告発ツイートが拡散され、徐々に騒ぎが大きくなる。

と、ここで受験の様子を放送していたAbemaTV(サイバーエージェント)がなぜか謝罪する。

詳しい事情が説明されていないのでよく分からないが、番組を盛り上げたいAbemaTVがスポーツ報知にお願いして宣伝の記事を書いてもらったということだろうか。そしてその中に田村淳のコメントを適当に付け加えており、「取材コメントとして自由にお使いください」と書いていた。

しかし、そうだとしてもスポーツ報知の捏造があったことは事実。「スポーツ報知の取材に対し…」と勝手な妄想を書いてはいけない。

今回は残念ながら合格できなかったが、田村淳は素晴らしい志と行動力を見せてくれた。

マスコミに好き勝手書かれてしまうことを問題視したのか、田村淳は改めて文章で志望動機を説明した。

仕事の中で法律を学ぶ必要性を感じ、法哲学の住吉雅美ゼミで学びたいと思った。地理的に近く、仕事と両立しやすい青山学院大学を選んだ。立派な志望動機ではないか。

AbemaTVとスポーツ報知の間のコミュニケーションミスについても触れられているが、それでもいまいち釈然としない。事実無根のことが書かれた記事がいまだにYahooニュースに掲載されているのは問題ではないだろうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!