netgeek

0

CyberAgentの恐るべき戦略が明らかに!「バイラルメディアを10個つくる」

腹BLACK 2014年4月27日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

藤田晋社長が率いるCyberAgentがバイラルメディアを2014年度下期だけで10個もつくる計画で動いていることが判明した。サイバーがすでにBUZZHOUSEとSpotlightというバイラルメディアをオープンしたことは以前netgeekでも報じた通り。その際、「なぜ2つも?」と疑問を投げかけたのだが、2つどころではなかったようだ。

CA-fujita-01

このサイバーエージェントの壮大な計画を気づかせてくれたのは、netgeekの記事に対する以下のツイートだった。

あと10個!?

まさかと思い、サイバーエージェントのHPにて決算説明会資料を調べたところ、「下期、約10サービス提供開始予定」の文字が!

cyberagent

2014年9月期 第2四半期決算説明会資料
http://pdf.cyberagent.co.jp/C4751/YWWN/asRh/QMy0.pdf

すでにBUZZHOUSEとSpotlightが載せられているので、あと8サイトオープンさせる予定ということか。しかも、下期だけでこれだから、今後は20、30と増える可能性もある。このサイバーエージェントの勢い、恐ろしい限りだ。

それにしても、「バイラルメディア」という表現ではなく、「バイラルキュレーション」という表現を使っているのはなぜなのだろう。もしかするとNaverまとめやtogetterのようなキュレーションサービスも始めるのかもしれない。さほど技術的に難しいことではないから、新規参入は容易であろう。

直近5年の株価
z

2014年IT界最大の追い風とも噂されるバイラルメディア。現在日本で最も影響力が強いメディアは痛いニュースやハム速、はちま起稿といった個人運営レベルのまとめブログだ。そこにサイバーエージェントのような大企業が参入したら…。

競争の構図は今、激変を迎えようとしている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!