netgeek

11

朝日新聞の「おにぎりを食べる安倍総理の顔はこわばっていた」をファクトチェックしてみた

腹BLACK 2017年10月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

自民党が選挙で大勝した後、朝日新聞が天声人語で悔し紛れの捨て台詞を吐いたのは記憶に新しい。その中の一節について明らかに違和感を覚える部分があったので検証してみたい。

まずは問題の記事。

一貫して安倍総理にネガティブなことを書き連ねる中、ただの妄想なのではないかと疑われる箇所がちらほら。真ん中あたりにある「安倍総理はおにぎりを食べる表情がこわばっていた」という箇所については検証できる証拠があったので天声人語が事実に基づいているのかどうか調べてみた。

▼演説の途中で吾妻産のおにぎり試食タイムに。中の具材に違いがあるのか、安倍総理は真剣に選ぶ。

▼食べる瞬間。舌が前に出ており、食欲全開といったところ。

▼笑みがこぼれる。

▼美味しそう。

▼歯を見せて笑い、ニコニコしている。

安倍総理「これは本当に美味しい。歯ごたえがあって甘み!ワカメかな?青菜?私の地元ではワカメって言うんですよ。選挙では握り飯がいいんですよ。握り飯を初日に食べれば絶対に勝つんです。それを信じて頑張っていきたいと思います」

この後、安倍総理は物凄い勢いで残りを口に入れ、あっという間に完食したのであった。実際に動画を見れば「表情がこわばっている」ということは全くないことが分かる。

ごく普通におにぎりを食べる映像までも朝日新聞記者は安倍叩きの材料にした。もはや性根が腐っているとしか言いようがない。記者の願望と妄想を交えて作り上げたフェイクニュースではないか。

また、有志による以下のツッコミも一見の価値あり。

出典:https://twitter.com/bonzin_y/status/922817597829033984

朝日新聞がいかに主観で記事を書いているかが丸わかりになるいい分析だ。「~と聞く(証拠なし)」「胸の内を想像してみた(根拠なし)」「~ように見える(主観)」「~ようだった(主観)」「~だろう(証拠なし)」。短い文章の中にここまで悪意を含めて印象操作するのは異常だ。

この件については百田尚樹も怒っている。

百田尚樹は天声人語を読みながら「これね、あんたの勝手な印象なんですよ」「勝手な妄想」「これもあんたの妄想」とツッコミを入れていく。

百田尚樹「都会から始めたら野次が飛ぶから田舎から始めたって書いてるんですけど、違うんですよね。安倍総理は必ず福島から始めるんですよ。東北大震災以降、復興を願って福島から始めるんですよ。あんた(天声人語を書いた朝日新聞記者)それ知ってたやろ?知ってたのにそういうこと書く。田舎に逃げたって嘘書くなっちゅーねん。知らんかったとしたらあんたアホですわ」

元はラテン語の「天の声を人に語らせる」という意味の天声人語。勝手な妄想を書き連ねて有料で売るとは、もはや朝日新聞記者は自分を神様だとでも思っているのか?

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (11)

  1. その地域や国民の為に働く総理に対し、相変わらず風評被害のような文章を垂れ流すマスコミ朝日

     
  2. これって
    朝日新聞が同人誌レベルってことで合ってるかな?

    だって 記者の一方的な妄想を お金を出して読む
    ってことでしょ?

    個人ブログの閲覧にお金がかかるって言った方が分かりやすいかなあ…

     
  3. うーん。取材が足りてないのは「有志」の皆さんではないでしょうか。

    ①地元への連絡は急だった、②稲刈りを伸ばしたの2点は、応援演説を受けた福島1区の亀岡偉民氏自身が当日、現場で話しています。現場取材もせず、切り取られた映像を見て記事を書いてはダメだ、というのは「有志」の皆さんにブーメランのように返ってきます。

    そもそも、コラムは「勝手な印象」、場合によっては「勝手な妄想」を書くことがあるものだ、という前提すら分かっていないというのはいかながものかと思います。

     
  4. 続けて。

    百田さんのコメント、このサイトに上げらている動画部分しか見ていませんが、これは必ずしもそうとも言い切れない、という印象を受けます。

    確かに安倍さんの選挙演説は被災地からスタートしてきましたが、今回のように直前まで演説予定が公表されなかったことは(少なくとも第2次安倍政権が発足して以降は)ありませんでした。

    都議選の秋葉原の演説で起きたような事態を避けようと演説予定を公表しなかったという点については、新聞各紙の報道で明らかとなっています。

    そうした背景の上に、さらにこの福島1区の第一声の場所に足を運んで見れば、静穏な田舎を選ぶほかなかった「だろう」と推測することはそんなにおかしいこととは思いません。

    「静穏な農村」は「福島県」「被災地」という広いくくりではなく、その中でも福島市の市街地から車で30分もかかる「見渡す限り田んぼが広がる」「阿武隈川の支流のせせらぎ」すら聞こえる(これらはいずれも現場取材に基づくものでしょう)場所とのことですから。

     
  5. ↑の人、丁寧に再検証してるように見せてますが、思います、思いません、印象を受けます と主観のオンパレードですよね

    それと勝手な印象を書き連ねてる自覚があるなら、もはや天声人語なんて増上慢きわまるネーミングは改めて欲しいとこですね
    朝日新聞の声は天の声じゃなく、まして日本人の声でもなく、共産党の声ですから

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!