netgeek

3

【速報】小池百合子が死にそうな顔してる

腹BLACK 2017年10月22日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

意気揚々と希望の党を立ち上げたはいいものの蓋を開けてみれば民進党議員を受け入れただけ。そのインチキっぷりは都民からも批判され、小池百合子は都知事としてもすっかり信頼を失った。

選挙結果はまさかの大敗北で存在価値なし。小池百合子が「排除」した立憲民主党に負けたのは痛かった。

▼完全に意気消沈した小池百合子。パリにいるのは取材攻勢から逃げるため?右下の麻生太郎氏との対比がいい感じ。

▼都民ファーストの会のときの表情とは全く違う。

▼魂が抜けた顔をしている。

▼質問に対し、小池百合子は重い口を開く。

▼敗因は自分。

▼もしかして責任を取って代表を辞任するつもりか?

▼あれだけ上納金を集めておいてこの結果はひどい。所属議員の不満が爆発するはず。

▼完全に死んだ顔の小池百合子。

▼「責任を取る」と明言。

▼なんだか顔が歪んできた。

池上彰の選挙特番はこの現実を実に痛烈に紹介する。

まさに希望の党は初めての選挙で失望の党に成り変わったのだ。

ちなみに意味が分かりにくい「リベラル」という言葉は池上彰が解説するとこんな感じ。非常に分かりやすい。

一時は自民党を倒す勢いがあるとも言われた希望の党はその期待の反面、小池百合子の実力不足が目立ち、党の運営はうまくいかなかった。圧勝したのは自民党。日本国民はしっかりと政治家としての実力を見極めて投票した。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 結局、今回の選挙結果は、あれだけ既存マスコミがモリカケで歪曲報道しても安部政権が絶対的に支持されてることを明確にしたけど、既存マスコミとそのコメンテーターはそのことを絶対に認めない。

    野党の自滅だけなら、野党内で票が割れるだけで、自民の票はあそこまで伸びない。
    でも、その事をどうしても認めたくないらしい。

    街頭演説での枝野コールはたくさん報道されたけど、安倍コールもあったことは全く報道されない。

    ましてやマスコミが秋葉原で取り囲まれて、大勢の人から歪曲報道の抗議を受けていたことも全く報道されない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!