netgeek

7

Financial Times「アベノミクス成功」→日経新聞「目標未達」宮崎哲弥が日経新聞はおかしいと指摘

腹BLACK 2017年8月3日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

評論家の宮崎哲弥氏がFinancial Timesと日経新聞を参照して日経新聞が奇妙な記事を書いているとラジオで指摘した。

Financial Timesと日経新聞で180度違うことが書かれている!

飯田浩司「リスナーからの質問。IMFがアベノミクスは前進したが目標には未達だと言っています。宮崎さんどう思われますか?」

宮崎哲弥「IMFは19日のFinancial Timesが報じておりまして、なんと『アベノミクス成功 IMF宣言』と出ています。IMFの筆頭副専門理事のインタビューが出ていて、『今予定されているアプローチを続けることが大事。私はアベノミクスが成功したものと考えなければならない』というふうに」

飯田浩司「今日の日経は『アベノミクスは前進したが目標には未達』と。successを成功ではなく前進と言い換えているんですね」

宮崎哲弥「明らかに原文はsuccessですね。タイトルにも載っている。『成功』があのIMFの見解ですからね。日本の経済政策や経済状況を知るためになぜロンドン・エコノミストとか、Financial Timesとかウォール・ストリート・ジャーナルを参照しなければいけないの?この国は北朝鮮か(笑)経済政策的に言うと」

飯田浩司「政治的なスタンスは右から左まであるのに経済に関しては同じことが書いてある」

宮崎哲弥「考えてみれば恐ろしいです」

netgeekでは元の記事を参照したいと思い、調べた結果、確かに正反対の記事を見つけることができた。

参考:Abenomics a ‘success’, declares IMF

参考:「アベノミクスは目標未達」 IMF年次審査報告書 

※宮崎哲弥氏が参照していたのは紙の日経新聞、あるいは別の記事かもしれないことを注意として付け加えておきたい

海外でいち早く「アベノミクス成功」と報じられたのに、それに遅れて日本では「アベノミクス目標未達」とネガティブに報道されるのは非常に奇妙な現象だ。いずれもニュースソースになっているのはIMFの発表であるから、ここまで記事が食い違うのはおかしいと言わざるをえない。

さらに日本経済新聞社は2015年にFinancial Timesを買収しているわけで、同じグループなのに論調が合っていないのは読者としては困惑してしまう。情報を操作するために故意にやっているのだろうか。

メディアの偏向報道がネットでバレる時代になり始めた。日本は北朝鮮のことを笑えない。

【追記】

日経新聞は2016年にも同じような事件を起こしていた。

参考:【炎上】日経新聞「安倍総理は強権指導者で危うい」→フィナンシャル・タイムズの原文は「習近平」

【追記2】

飯田浩司氏が発言に事実誤認があったとして「お詫びと訂正」の記事を公開した。日経新聞の記事は翻訳ではなかったという趣旨だ。

私は日経新聞の記事が上記FTのインタビュー記事を翻訳したものだと勘違いし、「日経新聞がFTの記事を誤訳した」という主旨の発言をしています。

しかし、日経新聞の記事はFTのインタビュー記事を翻訳したものではなく、IMF年次審査報告書をベースに、別の内容を扱った記事です。従って、FTの記事にある”Success”を日経新聞が<未達>と誤訳して記事にしたわけではありません。

お詫びして訂正いたします。

http://www.1242.com/blog/iida/2017/08/

しかしながら同じ経済政策に対して海外メディアと日本メディアで情報の伝え方が異なっていたことは確か。アベノミクスは成功なのか失敗なのか、見解が分かれている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. IMFの筆頭副専門理事の意見はそれはそれなんだろうが、
    投資系の仕事をしていれば、日経新聞の意見が正しいと思うだろうな。
    アベノミクスの成功って何よって話なんだが、市場関係者は
    費者物価指数の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えることが
    成功と考えているからアベノミクスは成功しているとは思えない。
    当然経済誌である日経新聞も成功しているとは書かないだろ。
    ただ記事に色を付けたかと言えば付けたことになるのか?

  2. ガラガラポン太 2017年8月3日 at 7:17 PM

    なに?IMFが「成功」と言っているだって?そりゃあ、大半の日本人にとっては「失敗」という意味だよ(笑)

  3. 有効求人倍率1.51。日本の潜在成長率は0.8%(IMF試算)。実質で年1%成長出来れば上出来。インフレ率(消費者物価指数)の目安は実質成長率だ。だから年2%のインフレにすることは出来ない。年1%がいっぱい。アベノミクスは十分成功しているよ。

  4. そのFinancialTimsの記事は5月に発表された1-3月期実質GDP速報値が2.2パーセント増と発表されたのを受けたものですね。その後1パーセントに下方修正されていますのでその記事を論拠にするのは誤りでしょう。そもそも6月の記事ですし。

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!