netgeek

0

【速報】ゼンショー「すき家の労働環境改善のために全国7地域に分社化します」←意味不明だと話題に

腹BLACK 2014年4月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーは4/17、かねてより指摘されていた過剰な労働を改善するためにすき家運営をゼンショーから切り離し、全国7地域に分社化すると公表した。

7541ec19

すき家では鍋定食を導入した3月あたりから、一人で店を運営する「ワンオペ」に対する苦情と批判が相次ぎ、スタッフが大量離職していた。店舗の一時閉鎖まで各地で起こっていたことから、事態は深刻と大胆な改善に乗り出したものとみられる。

今後は分社化により、店舗ごとにスタッフに合わせたきめ細やかな労働環境が提供できるようになる見込みだという。6/1に新会社を設立し、地元に馴染みのある経営幹部が店舗責任者となる。

しかし、分社化することと労働環境の改善にあまり関係性がみえないことから、twitterではこの施策を不審に思う人が多くいるようだ。他の牛丼チェーンが多くの店舗を問題なくマネジメントできているのをみれば、何も別会社を新設しなくても1店舗あたりのスタッフ数を増やすだけでよかったのではないか。

twitterの反応

 

 

 

 

 

 

店舗の一時閉鎖はパワーアップリニューアルにためだと称して決してスタッフの離反が起きていることを認めなかったゼンショー。今度は一転して認めたかと思うと、分社化とは一体何を考えているのであろうか。

(株)ゼンショーホールディングス、直近1年の株価

z

正直なところ、ゼンショーはお荷物になった事業を本体から切り離したいだけではないのか。裏の意図が見え隠れする。一度悪評がたった以上はどんな対策をうっても人が集まりにくくなるため、再び過剰労働になる恐れも強い。すき家は今後、悪循環に陥らずにうまく経営していけるのだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!