netgeek

13

木島英登「トイレに行くのが面倒なので座席で容器に尿を取る。それは勘弁してもらいたいなと」←いやトイレ行けよ

腹BLACK 2017年7月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

バニラ・エアの対応に難癖をつけメディアや公的機関に通報しまくった木島英登氏(木島英登バリアフリー研究所代表)はやはりとんでもない思考回路の持ち主だ。

用の足し方について信じられないようなことを口走る動画。

小松靖アナ「木島さんがブログに『見えないようにして座席で用を足すこともある』と書いたことに対して、『トイレに行くのが面倒だから座席で小便とかこんなクズが飛行機で隣の席になったと思うとゾッとするわ』と。実際にこれは…?」

木島英登「説明させてください。例えばアメリカからヨーロッパに行くときに飛行機に10時間乗らなきゃいけない。さすがにトイレ1回か2回行きたいわけですね。で、機内用の車椅子に乗り換えてトイレに行ってやってもいいんですけど、食事の配膳とか大変なのと機内用の車椅子がない飛行機もあったりするんですね。だから物理的にトイレに行けない場合もあって、仕方がないから容器に尿を取る。

木島英登「でもさすがに隣の人がそんなことをやってたら気分悪いので、隣の人がトイレに立ったタイミングとかで毛布で隠して容器でとったりしてるんです」

木島英登「これは僕の言い訳なんですけど、今まで隣の人に文句言われたり、気づかれたりしたことがないっていうので、まぁそれは勘弁してもらいたいなと」

木島英登氏は周囲に迷惑をかけていないと主張するがこれは絶対におかしい。

・座席が真ん中の場合、両隣の人が同時にトイレに行くという可能性は低い

・短いフライトだと隣の人がトイレに行かないこともあるはず

・隣の人は気づいているけど我慢しているだけ

・機内に臭いが立ち込める

・機内用車椅子がないのは事前連絡をしていないから

・容器に取り損ねて尿をこぼすこともあるはず

・10時間のうち1回、2回トイレに行くのがそんなに面倒だとは思えない

木島英登氏はフライトアテンダントに迷惑がかかるなどと意味不明な理由をつけて勝手に自分の中でルールを作り出しそれを「勘弁してもらいたい」と周囲に押しつけている。この自己中心的な思考がバニラ・エアでもトラブルの火種となったわけで、木島英登氏が問題を引き起こす行動原理は一貫しているといえよう。

木島英登氏のブログでは俺様ルールの屁理屈が説明されている。

▼「フライトアテンダントにとっても互いの手間が省ける」といかにも良いことをしているかのような書きっぷり。最後は「柔軟な受け答えということで許してほしい」とルールを押しつけ。

▼「隣の人が席を外したとき」以外にも「寝ているときなど」と書いてある。隣が木島英登氏だったら最低の気分になりそう。

色々と理由をつけているが、要するに木島英登氏はトイレに行くのが面倒なので行かないというだけの話。「フライトアテンダントに迷惑をかけないように…」と説明するくせに隣の人に迷惑をかけかねない状況をつくるのは矛盾している。

毛布をかけてから容器を毛布の下に忍ばせ、なにやら毛布の下でゴソゴソとしていたら誰だって気づくに決まっている。臭いもするに違いない。全てはトイレに行けば済むことなのに「勘弁してもらいたいなと」とヘラヘラ笑いながら言う木島英登氏は間違っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (13)

  1. この人そもそも、今回の一件も含め一年中飛行機に乗ってる。
    今回は旅行だったそうだが、飛行機に乗るのが仕事ってくらいの回数、いつも飛行機に乗ってる。
    まるで航空会社がなにか問題を起こしてくれるのを誘うようなほど常に飛行機に乗ってる。

    なんだろねー、おかしいなーw

     
  2. 航空会社はブラックリストに乗せて搭乗拒否すべき。他のお客さんに大大大迷惑。

     
  3. 一人の日本人 2017年7月2日 at 4:39 AM

    障害者だからって何でもかんでも、思うようにならないからって、差別されたって言いがかりつける、ただのヤカラでしょ。

     
  4. 自称「障害者のために声を上げる人」が
    航空会社に事前連絡する声を出せない
    あまつさえ嘘までつく

     
  5. 2000年「小は座席でするので何も心配ない。大は体調管理」
    https://archive.is/0Aw0I
    「小は座席でするので何も心配ない。大はしないように体調管理する。毛布やジャンパーで隠して、バレないようにこっそり容器に取っている。医療器具は使用しない自力排尿。
    隣が席を外したときや、寝ているときなど、隣の迷惑にならないように、するタイミングは計らう。
    今までに、周囲から苦情を言われたことは一度もないし、気づかれたこともない。」

    2003年飛行機でうんち漏らす
    https://archive.is/6xtgk
    ベネズエラのホテルにて
    「極めつけは最初にシャワーの水がでないので困った。うんちを飛行機でもらして洗おうと思ったのに。汚れたままフロントに行くのが大変で、車イスが汚れてしまった。スタッフは親切。」

    2006年ベッドのシーツも下痢で汚す
    https://archive.is/dJn0E
    マダガスカルのホテルにて
    「従業員はとても親切。私が最悪の下痢でうんち漏らしまくってベッドのシーツを汚しても丁寧に対応。チップで御礼すると喜んでくれました。」

    海外では搭乗拒否されたことはないと言っているがイギリスで搭乗拒否されている
    https://archive.is/VzzyW (「ノーマライゼーション 障害者の福祉」 2012年9月号)
    シティ・ジェット「優先搭乗で最初に案内される。滑走路を歩き飛行機へ。車いすから階段に乗り移り、一段ずつお尻を上げていると、客室乗務員が怪訝(けげん)そうな顔をする。「あなたは乗せられない。歩けない人はダメだ」と言う。手で歩くからいいだろと説明するが、「安全上の理由でダメだ」の一点張り。同行者3人もいるし非常時も大丈夫だろうとも思うが、単独歩行が飛行機に乗れる条件らしい。無視して、後ろの座席まで1人で移動した。それでも「降りてください」と説得される。「ロンドンの空港で日本から来る2人と待ち合わせをしている。今回だけは勘弁してくれ、次からは乗らないから」と哀願してもダメだった。また廊下を這って階段を降りて外へ出た。客室乗務員は一切、私に手を触れず傍観するだけ。感情のない事務的な対応も冷たさを感じた。手伝いができないというのは分かる。しかし、乗れないのは困る。自分で勝手に乗降して何が悪い?」

    計7回も登場拒否されていた木島英登
    ★1995年 https://archive.is/v32xu ページ下部
    日本。マレーシア航空 同伴者なし 単独で乗ろうとする 
    ★2000年 ↑URL同じ
    香港 便の変更要請(車椅子搭乗者数の調整?)→交渉して搭乗

    ★2000年11月 アリタリア航空
    https://archive.is/CFzwu

    ★2001年
    関空 KLMオランダ航空  https://archive.is/ahdbj

    ★2002年
    ANA 全日空  https://archive.is/v32xu
    「別に、助けてもらえないのなら、助けはいらない。這ってでも乗ればいい。」
    「降りるときも、床をはって階段を一段ずつ降りた。ズボンは汚れてしまった。」
    産経新聞 2002年7月29日 https://archive.is/5vhqL

    ★イギリスでも這って上がるパフォーマンス(2012年9月号)→搭乗拒否 https://archive.is/VzzyW

    ★奄美空港 2017年 https://archive.is/uIEsr

    計7回の搭乗拒否

     
  6. 当たり屋宣言をする木島英登
    【たいてい「前例がない」とか「対応する設備がない」という理由がつくのですが、そんな理由で、こちらの意志を聞くこともなく、勝手に「ダメ」といわれてしまうことには、とても憤りを感じます。前例がなければ、ぼくが前例になります。対応する設備がないのなら、ぼくの方から対応できるように努力します。「出来る・出来ない」ではなく「したい・したくない」という意志を大切にしてほしいのです。」】
    https://archive.is/pDD5G#selection-421.0-421.185

    モンスタークレーマーな当たり屋になった理由
    https://archive.is/pDD5G
    [ 日本では「設備がないからダメ」「前例がない」と行動する機会すら与えられなかったことが多かったのですが、アメリカでは、「出来る」「出来ない」ではなく「したい」「したくない」という意志を大切にする。「したい」のなら、その方法を考えればいい……。このやりとりの中で、ぼくは自分に自信が持てるようになりました。誰もが「したいこと」に挑戦していいのだと。]

    神戸大学 広報誌「風」 vol 03 https://archive.is/9GZQV
    一番ショックだったのは、外出しようとしても「設備がない」「規則がない」と受け入れを断られることだった 「できる、できない」でなく「やりたいか、やりたくないか」 「周囲に迷惑かけるかなど気にしなくていい」…というのがアメリカ流だった

    アメリカ流を日本でモンスタークレーマーとして発揮するのはやめて欲しい

     
  7. 隣の人から小便の臭いが漂ってきたとしても大抵の日本人は「ちょっと臭いんですけど」などとは言わないだろう
    相手が障害者なら尚更だ
    不快な臭いを我慢して、快適な空の旅を台無しにされた人が多数居たはずだ
    何一つ擁護できない人間のクズだ

     
  8. 「隣の人に気付かれたことがない」とおっしゃっていますが、たぶん気付いていると思います。尿って本人が思っている以上に、臭いがキツいですから。「障害者だから仕方ないね」と思って文句を言わないだけだと思います。

     
  9. 一人の日本人 2017年7月3日 at 6:15 PM

    クレームで飯食ってる、このクソ男、
    いつかバチがあたるぜ!

     
  10. 事前連絡しないなど、ルール違反がある以上、普通に威力業務妨害案件として、警察に訴えるのが平等というもの。

     
  11. 昔、安全面からバスに身体障害者を載せれないと言った時も、障害者と支援者の方々は何の罪もないバスの運転手を頭ごなしに怒鳴りつけ、一般客の乗るバスを停止させた。中には車輪の間に体を滑り込ませて業務を妨害し、私がそうしたおかげで今のバリアフリーがあるなどと自慢げに語る人もいる。
    障害者だから仕方ないだとか、差別するなとか、なにかと自分の行為を棚に上げて他人を批判するよね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!