netgeek

0

【驚愕】レースの模様作りの神に作成方法を聞いたら、驚きの手法だった

腹BLACK 2014年3月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

秀逸なレースをつくるのが得意なことで有名なとあるtwitter主が、模様の作成方法を暴露して話題になっている。なんと才能云々というよりも、やり方さえ知っていれば誰でもできる意外な方法だったのだ。

レースといえば、糸をより合わせて透かし模様にする技術のことで、カーテンや洋服に用いられている。繊細で細かな模様は、上品さと女性らしさを演出できるため、廃れ流行りが激しいファッション界においては珍しく長年人気が高いものである。

tshika4400 レース2

さて、このようなレースの柄はどのようにして作っているのだろうか。かなりのセンスが必要な気がするのだが、ツイートを見る限り、どうやらそうでもないようだ。
moyoua

なんじゃこりゃあああああああ!!

文字を90度や180度回転させて重ねていくことで柄が出来上がっている!!

しかも完成度もけっこう高くて立派なものができているのが驚きだ。

フォントを変えれば同じ文字でも全く異なる柄になるのだとか。

moyoua2
出来上がった柄を半分並べると、レースの端っこになるという。確かに、スカートの裾やカーテンの最下部はこういうデザインになっている。簡単な方法なのにちゃんとできてるのがすごいぞ!

 

もちろん、デザイナーみんながこのような手法を用いているわけではないが、実に要領のいいやり方である。外国の文字でも柄が出来上がるので、PCを使えばほぼ無限に模様を作り出すことができるではないか。

デザイナーの人でデザインに行き詰まった時は、このような発想の転換でアプローチを変えてみるといいかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!