netgeek

40

日本学生支援機構という名の貸金業者から奨学金を借りた学生の末路が恐ろしくて震える

Gil Pender 2015年10月25日
 

日本学生支援機構から奨学金を借りた学生が、送られてきた返還手続き書類の写真をTwitterに投稿した。とんでもない額に膨れ上がった「奨学金」という名の借金に世間が震撼している。

本当にあった怖い奨学金の話はこちら。彼の借金の総額はなんと800万円をオーバー…。えええええええ!?

1022scholarship2

▼なんじゃこりゃああああああああああ!!!サラリーマンが破産してもおかしくないような額だ…。

1022scholarship1

▼彼によると借りたのは614万円だが、利子がついて膨れ上がったそう。

1022scholarship4

▼しかも、これだけ借りても生活はカツカツの模様…。

1022scholarship3

▼Twitterには似たような報告が寄せられた。彼は月5万円の「奨学金」を4年受けて300万円に…。

1022scholarship5

1022scholarship6

そう、日本学生支援機構の「奨学金」はただの「学生ローン」なのだ。冒頭の彼はおそらく大学4年間での総額で、もしもあのペースのまま借り続けて大学院に進学すると、院卒業時には余裕で1000万円を超えることになる。

▼Twitterにはこんな批判が。「奨学金」と名乗るのは詐欺という指摘だ。

1022scholarship8

日本学生支援機構には、利息のつかない「第一種奨学金」というものもあるのだが、その対象になるのは4人に1人と言われており、ほとんどの学生が利息ありの「第二種奨学金」を受けることになる。

そもそも、給付型(返済不要)の奨学金制度を設けることはできないのだろうか。タレントのフィフィ氏はこのような指摘をしている。

▼なんと外国人留学生にだけは給付型の奨学金が存在するとのこと…。

1022scholarship7

つまり、給付型の奨学金をする余裕が全くないわけではないのだ。ただ、それはなぜか日本人の大学生には使われていない。

▼平成27年度の文科省「予算(案)主要事項」より。なんと、毎年、外国人留学生1.1万人に180億円もの税金が流れている。

1022scholarship9

2016年度 日本政府(文部科学省)奨学金留学生募集要項」によると、国費外国人留学生に給付される奨学金は毎月11万7千円だ。つまり、1人の外国人留学生に年間で140万円もの税金が使われているのだ。ちなみに、彼らの授業料や往復の旅費も国は負担している。

▼一方で、日本の大学生にはというと、今年度920億円が奨学金に当てられているが、この中に返済不要の給付型は一切ない…。

1022scholarship10

この920億円は実質的に「融資」なのだから結果的にまた国に戻るお金だ。つまり、国はお金を使い回して国内の学生を苦しめているということになる。一方で、外国人留学生に渡した180億円は国に返ってこない上、彼らは日本で何不自由ない生活を送っている。国が彼らの往復の旅費を負担しているということからも、必ずしも日本国内で活躍してくれることは考えていない。

こんな理不尽な話がまかり通っていいものだろうか。一刻も早く国が日本人の大学生向けに給付型奨学金を始めることを願いたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (40)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!