netgeek

21

SEALDsの失敗をスポーツマン目線で分析した為末大の持論が興味深い。「総括をしないチームは勝てない」

Gil Pender 2015年9月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

元陸上競技選手の為末大さんがTwitterでSEALDsが失敗した理由をスポーツマン目線で語り、興味深い分析だと反響を呼んでいる。

為末さんはTwitterにSEALDsと海外の学生運動を比較した記事を投稿していた。

0928sealds1

参考:ジセダイ総研

記事は簡単に言うと、かつて中国や台湾であった学生運動を分析して成功例・失敗例を見ていくと、SEALDsは戦略的思考が欠けていたため失敗例と似た道を歩んでしまったという内容だ。

そして、為末さんは安保法案に関して次のような持論を投稿した。

0928sealds9

この場合、「最高の選択をするべきだと」という考えを持つのはSEALDsをはじめとした多くの安保法案反対派のことで、「現実から考えてまだマシな選択をするべき」という考えを持つのは安保法案賛成派のことだろう。

▼さらに、為末さんは次のように続けた。この言葉は実に重い。

0928sealds8

つまり、「違憲だ」「強行採決だ」と言うだけで現実に目を向けない安保法案反対派は、国に危機が迫っていても一生何もできないままで終わってしまうということだ。

▼「ベストな選択にこだわる」時の弊害について。

0928sealds7

安保法案賛成派が今の世界情勢を現実的に見て話をする際に必然的に出てくる仮定の話は反対派には通じない。例えば、賛成派の「戦争に巻き込まれる可能性は(限りなくゼロだが)ゼロではない」という可能性の話は、反対派に「いつか戦争になる」と白黒問題に変換されてしまうので、両者は一生議論にならないのだ。

▼SEALDsの安倍政権への暴言や賛成議員の落選運動などの行為について。

0928sealds2

法案の中身とは離れるが、SEALDsなどの安保法案反対派は賛成派への敬意が全くなかったため、法案に関して妥協に妥協を重ねてきた政府にさえ相手にされなかったと分析している。

とそのとき、為末さんにSEALDs支持者から意味不明な反論が届く。

▼「SEALDsのセンスが良かったから認めたくないんでしょ?」→そんな話は一切していない…。

0928sealds5

これこそ議論が通用しない典型といえよう。意味不明すぎて、相手をする価値もない。

さして最後に為末さんはスポーツマン目線でSEALDsのある問題を指摘した。

▼SEALDsに明確なリーダーが居ないことについて。

0928sealds4

0928sealds10

最終的に意思決定をする人物がいないため、集団の方向性がバラバラになってしまったということだ。それは集団の人数が増えれば増えるほど深刻になっていく。このような組織上の問題を抱えたまま改善が図られなかった結果、今のSEALDsは古参メンバーとは全く考えの違うグループが出来たとも示唆している。

若者が政治というものに関心を持ち発信していることは素晴らしいことだ。しかし、内部組織の統制すら取れなくなったSEALDsが今後国民の支持を得られるようになるとは思わない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (21)

  1. それ以前にSEALDsは民主主義と憲法と安保法案と選挙について勉強した方がいいと思う

     
  2. まぁ失敗というか
    そういう風に騒いでお祭りするのが目的だから
    妥協点を探して~する
    という事自体をする必要が無い集団
    その相手に対して成功する為に~
    と説教するのも的外れ

     
  3. あと、中学レベルの基本的な単語も勉強した方がいいよね。
    日本語、漢字沢山で難しいのかな?

     
  4. 個人的に安保は賛成だけど、SEALDsの活動自体は平和について考える大切なきっかけ作りになったと思う。散々たたかれているけど、国を思って行動を起こしたこと自体は立派だと思う。

     
  5. 為末氏は、単に体育会と思えない視点から分析していて的を突いている所がある。
    しかし、SEALDsは為末氏が思っているような信念を持ってる人は一部でその大半は反対する為に反対デモに加わったにすぎず、そんな集団に強いリーダーとそれを支える強い幹部が生まれたら、かつての連合赤軍や全共闘のように過激派に変わって最終的に武力を行使し鎮圧される。
    どのみち、殆どのメンバーが反対する為に反対デモに参加してる様では、失敗になると思う。
    それなら、今の方がましでしょう。

     
  6. 彼らに愛国心なんてないよ。自分さえよければ、自分が危険に巻き込まれたくない、今の生活を維持したいという人の集まり。徹底的に無責任集団だよ。

     
  7.  なかなか興味深い意見です。だが、そもそもこの法案は立憲主義に基づいているのでしょうか。戦後から代々議論を積み重ねてきた憲法との整合性を閣議決定でひっくり返し、内閣法制局には職権で賛成派を据え、噴出した問題は政府にただ任せればいいという答弁は立法府の議論にふさわしいものであったでしょうか。これにどのような妥協を行えというのでしょうか。

     現状にふさわしくないなら憲法改正を持って正面から改正すべきであったでしょう。私は個別的自衛権の保持の必要性から緊急事態における私権の限定的、一時的な制限と自衛隊の合憲には大筋で強く賛成します。
     
     しかし、これら法案にはそもそも義がありません。状況が変わったからといって立憲主義における手続きをすっ飛ばして短時間で(PKO協力法案は一本で193時間16分、今回は11法案で220時間2分の審議を行いました。どちらが慎重に審議を行ったといえるでしょうか)成立させてしまいました。

     野党を信頼せず、その対案である領海警備法に妥協することのない、0か100かの提案しかできない政府には現実的な法案にしようという努力が感じられません。為末様の意見は与野党どちらにもあてはまることです。為末様は自らの論旨で与党を批判すべきでしょう。

     なにより、これで国民の輿論の形成による憲法改正への道は硬く閉ざされました。この責は法的安定性の無視発言やマスコミを懲らしめるなどの言動によりSEALDSの活動をいたずらに盛り上げ、自ら火を注ぎ続けた政府与党が負うべきでしょう。
     
     為末様、なによりあなたは反対派を信頼していますか。あなたが信頼していない限りあなたが信頼されることもないでしょう。

     
  8. 安保法案&集団的自衛権賛成派です。

    自衛隊及び在日米軍、アメリカをはじめとする連合国の存在が、近隣諸国に対する抑止力になっているのは言うまでもありません。
    例えば、近隣の某国が武力で攻めてきたとして、まず日本は「外交」として対話で解決を図るでしょう。仮にこの対話が頓挫しても、アメリカをはじめとする同盟国が対話のフォローに入ります。安保法案、集団的自衛権は「戦争ありき」ではなく、あくまで最終手段です。

    ウルトラセブンのウルトラ警備隊なんて「集団的自衛権」の象徴ですよね。宇宙からの侵略者に対して、地球防衛軍と言う組織を設立し、世界規模で一丸となって防衛する…共通して言えることは、「守る」ってこと。
    ま、最終的には「自分の身は自分で守る=個別的自衛権」になるわけですが、家は家族で守り、職場は職員で守るけど、どうしても安全に不安があればセコムを頼む…これもある意味で「集団的自衛権」ですよね。

    我々の日常生活は、身近に「個別的自衛権」と「集団的自衛権」が存在するものだと思います。

     
  9. 戦争法案賛成派を現実が見えているとか、アホですか?
    「集団」と「個別」の区別も理解出来ない人たちを現実が見えているとか
    この方も「集団」と「個別」の区別も理解出来ない人たちの仲間なんでしょう

    「アメリカに脅されて約束したので」という現実という意味ですかね?
    だとしても「マシ」からは程遠いですが。

    スポーツマンはスポーツについて語っていれば良いでしょう。

     
  10. 非常に興味深いです
    為末氏は安保に賛成も反対も表明していない

    なのに、反対派の人は論理破たんした、または、人格攻撃的な発言を繰り返す

    これも戦略的に失敗ですよね。賛成・反対を決めかねている人は賛成を選択することになるでしょう。

     
  11. 「立憲主義がー」、「憲法解釈変更で法が作られる前例が作られてしまったー」

    って言っている奴は自分の知識のなさが恥ずかしいと思わないの?
    今と全く同じような流れで憲法解釈の変更が行われ作られた組織がある
    それが自衛隊の前身である警察予備隊だ

    日本の主権を無視して連合軍によって盛りこまされた憲法9条は制定から翌年くらいには既に憲法解釈の変更が行われている
    9条の本質は草案と同様に
    ”日本の武装は認めない。侵略行為はもちろんのこと自衛も許さない”
    が原則だ

    しかし日本国憲法制定時に朝鮮半島で朝鮮戦争が起き、憲法9条を理由(武装解除によって日本が自衛が出来ないからという理由で米軍は駐留した)に日本に駐留していた在日米軍が朝鮮半島に派兵されることになった
    日本軍の代わりに日本の防衛を担うと約束していた米軍が日本から離れる事態になり安全保障上に大きな問題が発生した

    この時、憲法解釈の見直しが行われ警察予備隊を発足させることになった
    当然左翼系の野党はこれに反発し、警察予備隊の設立は憲法9条に反すると裁判所に違憲訴訟を起こした(訴訟は無効として扱われた)

    立憲主義、立憲主義と寝言を書き連ねている輩は
    9条そのものが立憲主義以前の日本の主権の侵害だということを理解してない

    あと日本国が集団的自衛権を違憲として扱ったことはないし、集団的自衛権を持たないとしたこともない
    あくまでも「行使は出来ない」としてきただけだ
    しかし憲法解釈の変更を行うことは立憲主義に反してもいない
    憲法の解釈変更や拡大解釈を認めないなら9条以外でも拡大解釈を行っていた現在の日本は初めから立憲主義に基づかない国ということになってしまう

    立憲主義を連呼している奴は国民の信を一度も得ずに議会の政治判断だけで盛り込まれた9条をベースに物事を考えすぎている
    そういう輩に立憲主義を語る資格はない

     
  12. そもそも現在の日本においては法整備は、違憲かどうかを判断する裁判所の判断の前に行われる
    明確な違憲という裁判所の判断がない限り左翼や自称憲法学者が何を言ったところで意味を持たない
    そして「内閣法制局がー」と書いているが、違憲かどうかを判断するのは内閣法制局でもない

    “日本国憲法 第八十一条 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。”

    つまり事前に違憲判断が裁判所から出されていない場合は法律を作ってから裁判所が後から判断する
    内閣法制局は政府が法律を作るにあたり「イケるかどうか」しか判断しない

    最高裁が違憲という判断を出さないかぎりは当然法律は作られる
    当たり前のことだろ

     
  13. オークダーキ 2016年5月30日 at 5:58 AM

    シールズはトップが頭悪いからね。でも一橋大学大学院受かったのが謎

     
  14. 延々妄想を垂れ流してるだけの為末さん。SEALDsの主張も安保法制だか戦争法制だかの問題点を何も理解せず、藁人形叩きしてリアリストごっこして喚いてるだけ、議会のシステムも分かっないから、負けた、負けた泣き喚くという。理解出来ないのかな「頭悪いからね」だから。しかし当然論理的な反論も沢山来ただろうに「非論理的な反論しかコンなかったのだぞ」な印象操作ご苦労様ですよ。

     
  15. 「スポーツマン目線」ってなんだよw
    ただの上から目線の説教オヤジじゃねぇかw

     
  16. いつも気になるのが、反対派の方は

    2CU様
    〉為末様、なによりあなたは反対派を信頼していますか。あなたが信頼していない限りあなたが信頼されることもないでしょう。

    匿名様
    〉スポーツマンはスポーツについて語っていれば良いでしょう。

    匿名様
    〉延々妄想を垂れ流してるだけの為末さん。

    何故、こういった人をイラッとさせるような挑発的な発言しかできないのでしょうか。わざとですよね?改憲反対、安保反対といったような平和を主張している方々の発言とは思えず、それこそ対話ができないように感じます。喧嘩したい人の集まり=反対派、に思えます。

     
  17. 最高裁が違憲と判決を下さない限りは合憲。
    違憲だ違憲だ!と騒いでも無駄。
    違憲の疑いがある程度。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!