netgeek

0

イルカが私たちに教えてくれる9つの人生の教訓

lemon 2014年1月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

イルカは海で暮らす哺乳類だ。一般に非常に賢く、他の哺乳類に比べても知能が高い動物として知られている。そんなイルカが私たちに教えてくれる人生の教訓について海外のサイトBuzfeedより紹介したいと思う。


1.出会った人々の名前は覚えようと努力するべきだ。たとえあなたがほんの少しの時間しかその人と関わったことがなくても。
1
イルカはたとえほんの数ヶ月しか一緒にいなくてもお互いの個体を見分けることができる。

2.バブルで名前を呼ぶことは言葉で呼ぶよりもクールだ。
2

イルカは別の個体にアプローチする方法として泡をはきだす。非言語コミュニケーションが発達しているのだ。

3.仲間グループから抜け出して、新たな集団に顔を出す

3

バンドウイルカはシャチと仲良くなることで有名だ。時を超え、場所を超えて5年以上に交友関係がわたることも珍しくない。

4.誰かと一緒にいることで捕食者から守られている

4

天敵から身を守るには、天敵の天敵を仲間にすればいいのだ

5.大きなパーティーを開くことはいいことだ

5

BBCのニュースが報じたところによると、3000~5000ものイルカが集まっているところを目撃した人がいる。2つの集団がパーティーを開いていたようだ。

6.片方の脳を眠らせるともっと作業がはかどる

6

人間には真似できないが、イルカは片方の脳を眠らせて、もう片方を働かせるということができる。こうすることでイルカは一度に15日間も動き続けることが可能で、サメを用心しつつ、空気補給もすることができる。

7.新しいことに挑戦するのを恐れるな

8

イルカは口移しで泡を移動させたり、交換したりしているところを目撃されている。

8.事前にたっぷりと準備した時間でする食事は美味しい

9

イルカはイカを捕まえた後、鼻に何度もイカをぶつけてスミを取り出しているところが目撃されている。その後、海底にこすりつけて、骨を砕くことで食べやすくする。

9.どんなに人生が辛いものでも、上空に出てくることを忘れない

10

もちろんイルカは哺乳類なので、呼吸をするために15分ごとにあがってくる。

11

愛くるしい外見のイルカから人間が学びとれることは多い。今日から少し意識を変えて生活してみよう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!