netgeek

1

「宇宙の大きさはどのくらいなのか?」わかりやすく8枚の画像にしてみた!!!

lemon 2015年5月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今もまだ広がり続けているという宇宙の大きさをわかりやすく8枚の画像で示してみたところ、やっぱりもの凄い大きさであることが確認できた。

1.まずは我々の住む地球だ。この星を基準にして宇宙の大きさを追っていく。

uchuu7

果てしないロマンも秘めているこの大宇宙。一体どのくらいの大きさなのだろう。

2.地球はまず太陽系に属している。「水金地火木土天冥海」の聞きなれた星の名がずらりと並ぶ。

uchuu1

このあたりであれば天体観測などで実際に見たという人も多いだろう。

3.そして、太陽系周辺はこのようになっている。太陽系はけっこうちっぽけな存在。

uchuu8

この時点でも広大なスケールになってきたが、宇宙はまだまだデカいぞ!!

4.さらにその太陽系周辺の集まりは銀河系に属している。うわぁ…もうすでに先ほどの星々は確認できないレベルだ。

uchuu4

渦巻き状にうごめく銀河系に混じりながら太陽系周辺の星たちが浮かび、その中に太陽系があり、地球がある…。なんとも感慨深い。

5.そんな銀河は局部銀河群の中にあり、他にも同じような銀河系が存在する。

uchuu2

ちなみに、一番近い銀河でも約4万光年(秒速30万kmで4万年)の距離があると言われている。絶対にたどり着けない。

6.さらに局部銀河群はおとめ座超銀河団の一部となっている。

uchuu3

同じような局部銀河群がいくつもあるが、見てみると地球のある局部銀河群はこの中でもかなり小さいほうだということがわかる。上には上がいるのか…。

7.まだ終わらない。そのおとめ座超銀河団もまた、このような集まりの1つにすぎない。

uchuu6

ここまでくるとさすがに現実味がなくなってきてしまうが、とりあえず信じられない数の星があるということだけはわかる気がする…。

8.そしてこれが今現在観測出来ている宇宙の様子だ。尋常じゃない大きさのおとめ座超銀河団周辺の星々がすでにこの小ささで示されている。やっぱり宇宙ってSUGEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!

uchuu5

観測出来ている宇宙の様子ということなので、もちろんこれより大きい可能性は十分あるだろう。宇宙からしてみれば、地球の中の人間の存在なんて本当にちっぽけなものだ。

それではその宇宙の外はどうなっているのだろうか?何もない空間なのか、全く別の宇宙が存在しているのか、それとも…

0NMfl21

謎を解き明かす人物が我々人類の中から誕生するのか、未だ出会うことのない別の星に住む人物なのか…。眠れなくなるほどのロマンが広まる一方だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. タイトル : 存在について

    今は63歳だが、中学1年生のとき、社会科の授業で世界地図を勉強していた。
    この地図を観察して特徴的なところはどこかと、先生が生徒みんなに訊いた。
    アフリカの西海岸が丸みを帯びて単調です。 とある生徒が答える程度だった。
    僕はそのとき単調の意味も知らずに聞いていたのだが、僕自身は(アフリカ東海岸の曲線)と(南アメリカ西海岸の曲線)が形・大きさ共にそっくりだなぁ、くっつけたら略ピッタリに合わさるなぁと思っていたのだ。
    しかし、両大陸が大西洋で何千キロメートルも離れているのに、そんなことを言ったら笑われたり馬鹿にされたりするに違いないと思い、単調の意味も知らないのに ある生徒と同じように(アフリカの西海岸が丸みを帯びて単調です)と答えてしまった。 あとで単調の意味を調べたが、アフリカの西海岸は単調というわけではなかった。
    20代になってから、NHK教育テレビの地学番組(今は亡き東大教授:竹内均先生の解説)を見て、ウェゲナーが大陸移動説(後のプレートテクトニクスに発展)を唱えていたことを知った。
    ※ 大胆な発想でも 恥ずかしがっていたら駄目だと、そのとき後悔したのです。

    それからは、発想が拡がった。 20代の時に思い耽って貯めていたことをお伝えします。
    ●空間は何もないのではなく、(空間自体が存在なのだ)と考える。 例えば地球の重力は中心に向かって引っ張られるのではない。 空間を排除するほどの密度の濃い大きさの球体が中心にあり、空間はその物質が邪魔なために外側から物質を排除しようと押し込んでいる現象(バランス)であり、重力の違いは その大きさの違いだと確信しています。
    ●私たちに知らされている宇宙はビッグバンから現在の位置と運動方向のみで、これが宇宙だというのだ。
    しかし 宇宙は無限である。つまり宇宙空間が無限大であるから物質も有限の空間だけにあるという考えは間違っている。 地球が宇宙の中心であり、滝が落ちるようにその先には何もないと言うのと同じになってしまう。 ビッグバンは無限の宇宙に、無限に存在している。 太陽系に似ているものが存在する程度の考えは誰で無受け入れ、(地球にそっくりな惑星の存在まではあるだろう)の程度の認識で精一杯なのが現状と言える。
    だが、別のところにあるのだから 同じではないが、まるで見分けが付かない(銀河系・太陽系・地球・地形・生物・人間・日本人・私?あなた?)も同じ時間経過(歴史)も無限に存在する。 勿論、その分だけ距離は無限大に遠くなるが、宇宙が無限なのだから その数も確実に無限に存在する。 わたしが、皆さんにこの理論を説いていることも、皆さんがパソコンを開いてネットで見ていることも、バカバカしいと感じていることも・・・全てが一つではなく、現在無限にあることで、過去にも無限にあることでした。 過去といったのは、発生して消滅することを宇宙は繰り返しているからです。 時間の始まりは有りません。 時間は線上にありますが過去も未来も無限です。 別の意味であなたは過去に無限数に存在していたし、未来にも無限数に発生します。 現在も時間ピッタリで無限数に存在するし、時間差でも無限数に存在します。 あなたが歩んできた事実・人間関係・社会環境も。 ここが僅かに違うという世界も、もっと違うという世界も。
    ●光よりも速いものはないというのは間違い。 どんなに遠く離れていようと一瞬で通信出来る方法はある。 それを獲得できるまで現在の人類が生存できるか、未来に宇宙のどこかで発生する別の人類が獲得したり、過去でも無限数に実在した。 可能性は無いに等しいほど無限大に少ないが、確実に無限大にある。
     
    ※ 簡単なものは時間的にも距離的にも近くにあるが、構成する分子量も含めて複雑な条件になると急激に且つ無限大に割合が少なくなる。 しかし無限な宇宙には無限大にあるということです。
    人類の諸問題を解決できずに消滅してしまったケース、解決しているケース、その他・・・と色々あるのです。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!