netgeek

9

【炎上】漫画家「山本さほ」が世田谷区役所のヤバすぎる対応を告発

netgeek 2018年10月3日
 

ビッグコミックスペリオール、週刊ファミ通で連載をもつ漫画家の山本さほさんが、世田谷区役所からの仕事を引き受けたところ、酷い目にあったと告発した。

事が起きたのは10月1日。

山本さほさんは世田谷区役所とのやりとりを漫画にして紹介した。ネット上で大拡散されることになる。

おそらく世田谷区役所全体の問題ではなく、担当者レベルの問題だろう。以下、おかしな点をまとめてみた。

(1)担当者がデータを紛失した

(2)担当者が店を間違って予約した

(3)担当者は自分のミスなのにキャンセル料をギャラから差し引こうとした

(4)山本さほさんにミスの責任をなすりつけた

(5)ギャラを誤魔化していた(ネコババ?)

話の裏付けをとるために調べたところ、店の予約があったことや山本さほさんが店を訪れたことは確かに事実であると確認がとれた。

まずガリレオのHP(魚拓)で確認すると「10月1日は世田谷区主催の国際マンガ交流イベントで貸し切りになるため、17時以降の開店となる」と告知されている。

※ガリレオは3時間パックで900円~1000円ほどの漫画喫茶と同じ仕組みの店

さらにガリレオのTwitterを見ると「山本さほ先生が遊びに来てくれました!」とツイートされている。

何があったかは説明されていないが、「がんばりましょう」という言葉は予約ドタキャンの件を指しているのだろう。言うまでもなく店は大きな損害を被って泣き寝入りしたわけで、自分にできる限りのことというせめてもの優しさなのか、サインをプレゼントした山本さほさんが優しい。

ギャラがいくらだったかは公開されていない。しかしフリーの漫画家は立場が弱く、買い叩かれる傾向にあるのは確かだ。

告発漫画がネットで拡散される中、 事態に気づいた世田谷区の上川あや議員はリプライを送った。

この後、山本さほさんはフォローを返し、ダイレクトメールでやり取りしたようだ。

行政コンサルをやっている人は「行政の職員は責任を取りたくないので頑なにミスを認めようとしない。そんな組織文化がある」とコメントする。

区役所の職員はベンチャー企業や営業と違って仕事で成果を出して褒められるということがなく、決まった仕事をミスなくこなすことが良しとされる。そんな減点主義なカルチャーが今回の異常対応とも関係しているのではないか。

もっとも、一番悪いのは担当者であることは間違いない。今回の騒動についてM山さんにはきっちりけじめをつけてもらいたい。

【追記】

世田谷区の保坂展人区長が事実と認め、担当課長を謝罪させると発表した。

https://twitter.com/hosakanobuto/status/1047321734695636999

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (9)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!