netgeek

0

【速報】小保方晴子さんが実験ノートをついに公開→なんじゃこりゃあああ(白目)

腹BLACK 2014年5月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

論文不正をきっかけにSTAP細胞の存在自体が疑われ始める中、渦中の小保方晴子氏が「2冊ではなく、もっとたくさんある」と主張していた実験ノートの一部を初めて報道陣に公開した。

理研に対して研究の確からしさをアピールする狙いだが、すでに理研は再調査を行わない方針で動いており、今回のノートがSTAP細胞が存在するという裏付けとして見られることはなさそうだ。

公開されたノートは手書きのもの以外にもPCでメモした記録もあった。マスコミ向けに公開された4枚の記録をみてみよう。

1.STAP細胞をマウスに移植した際のメモ

stap3

2.こちらはPC上の記録

stap4

3.最後にハートマークがついているのが特徴的だ

stap2

4.これがハーバード大学研究員のメモなのか?

stap1

専門的なことは分からないが、「陽性かくにん!よかった。」、「移植(ハートマーク)」という文を見る限りでは、かなり稚拙なメモに見える。これでは理研の笹井芳樹センター長が以前言っていた「小保方さんはデータがしっかりしている」という言葉が嘘のようではないか。

理研が再調査を打ち切ったのも理解できる内容で、これならむしろ公開しないほうがよかったのでは…。それにしても最後に隠し持っていた切り札がこれとは呆れてものが言えない。

有識者の面々はこの記録に対し、痛烈な批判ツイートを投稿している。

理論物理学(素粒子論)KEK教授&IPMU主任研究員

  東京医療保健大学の伴信彦教授と噂されている「@buvery」アカウント。

 


実に率直な感想が綴られている。内容云々よりも、そもそもノートのつけ方自体に問題があるようだ。

三木秀夫弁護士を代理人に立てて徹底的に闘う姿勢をみせている小保方氏はもう素直にSTAP細胞は自分の勘違いでしたと認めたほうがいいのではないか。ここまで意固地になるのは本人の性格に問題があるのかもしれない。

学生時代はバレー部の男性にずっと片思いしていて、もう脈がないから諦めたほうがいいよと周りが忠告したところ、「私がもう彼女だもん!」と言って泣きながら食ってかかってきたというエピソードをもつ小保方さん。

周りが認めていないのに一人で妄想の世界に入り込んでしまって暴走してしまうのは今回も同じなのではないか。

【おまけ】
大量リツイートされていたつぶやき。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!