netgeek

2

上念司「末端職員がわざと改竄して内閣や大臣のクビをコントロールできたらまずい」

腹BLACK 2018年3月12日
 

森友文書の改竄問題について経済評論家の上念司氏が重要な指摘を行った。部下が不正を行った場合、上層部は責任をとるべきなのかどうか。

末端職員が内閣をコントロールできる仕組みは間違っている。

上念司「辞めるっていうことになれば末端の職員が文書の改竄をわざとして『やりましたー!』って後から告発すると官僚や内閣を意図的に潰したりできるわけでしょ?大臣の首をすげ替えたりとか。末端の職員がそんなことできたらまずい」

居島一平「一種の自爆テロになる」

上念司「そうですね。自爆テロみたいになるので。麻生さんがよっぽど働きかけてやったっていうなら別ですけど、そういう証拠を証明できるまでなかなか難しいんじゃないかなと」

現段階で野党とマスコミは確実に安倍総理と麻生大臣のクビを狙いにきている。長らく続いた森友・加計学園問題で追及側はようやく一つの成果が出せたのだ。

しかしながら財務省は「安倍総理と麻生大臣からの指示はなく、独断で行った」とコメントしており、佐川長官の辞任以上の責任問題に発展させるのは難しいかもしれない。

上念司氏の指摘ももっともだろう。末端職員の不正でいちいち上層部が責任をとっていたのでは組織がもたない。

上念司氏は、まだ財務省が書き換えを認める前から「どちらに転んでも日本国民にとってはプラスになる」と指摘していた。

増税が中止され、さらには財務省解体になれば日本経済はもっとよくなるという考えだ。

この主張が正しいのだとすれば、やはり安倍総理と麻生大臣には今のままでいてもらうのが最も良いということか。野党が「とかげの尻尾切り」と批判する中、最終的な責任がどこまで及ぶのかに注目したい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. ここで安倍首相や麻生財務相を失脚させれば、
    気に入らない政治家を役人が意図的に失脚させる為に、意図的に文書を改竄して政治をコントロールする「官僚ファシズム」に道を開く結果になる。
    安倍・麻生を辞任させたい野党6党は、どうしても日本を「官僚ファシズム国家」にしたいらしい。困ったもんだ。
    官僚ファシズムより、国民に選挙で選ばれた政治家が官僚をコントロールする「民主官僚制」の方が、行政・政治制度として優れているのは明白だろ。
    どうしたら日本が良くなるかという「愛国心」より、安倍・麻生を失脚させたいという「政局」を優先する野党6党と朝日新聞の歪んだ政治姿勢は、国民に見抜かれている。
    こんな事だから、野党6党と朝日新聞は支持率を下げるんだよ。

     
  2. netgeek は自分に都合のいい記事だけ集めてきてるだけだな。

    上念は「末端職員がわざと改竄して内閣や大臣のクビをコントロールできる」って言ってるが、そんなことは通常ありえない。
    そのありえないことを示す例が netgeek の記事「民主党政権時の文書改竄は担当者の減給処分1ヶ月のみだった」だ。末端職員の改ざんで大臣は辞めていない。netgeek は民主党政権時のことで不満だったらしい(実際改ざんが行われたのは自民党政権時代)が、俺がコメントに書いたように「監督責任があっても大臣が全く預かり知らぬところで起こったのなら、そのことで大臣が辞任など具体的な責任を取るというのは考えられない」。

    そのコメントにも書いたが、森友の場合、
    ・疑惑が発覚して国会で質疑が行われる最中に行われたこと
    ・安倍も改ざんしていた責任者(佐川)に全幅の信頼を置いていた
    ・また首相夫人の関与も疑われている
    ことから監督責任は今回、非常に重いものになってくる。ただ安倍が本当に知らなかったのなら議員辞職なんてする必要はないと思う。

    上念もあんまり考えずに都合のよい理論だけで発言してる奴なのかね?
    今回はじめて上念の意見を見たが、もうちょっと考えて発言しろよなって感じだな。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!