netgeek

30

漫画「憲法9条を改正したほうが戦争を防げる」が大反響

腹BLACK 2017年10月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

一人の人物がネット上で公開した漫画が大きな反響を得ている。難しい憲法9条の改正議論について分かりやすく端的に解説してくれた。

画像はたった4枚。これで全体像が把握できる。

1.

2.

3.

4.

出典:https://twitter.com/kataya_/status/921950195461402624

賛否両論はあるだろうが、大まかにはこのような見解ができるのもまた確かだろう。重要なのは憲法9条の改正が即、戦争に繋がるというわけではないこと。あくまで防衛力を高めるためにルールを変えるのであって、他国を侵略しようとしているわけではない。

北朝鮮がバンバンとミサイルを撃って来る中で日本の政治家は「遺憾の意を表明します」と言うだけで何も有効な対策を取ろうとしない。いや正確には対策が取れないのだ。金正恩は確実に日本を都合の良いカモと捉えており、裏では中国と繋がっているという噂もちらほら。

アメリカのトランプ大統領は就任時に在日米軍の莫大なコストを問題視したうえで「自分の国は自分で守れ」と言って撤退させようとした。安倍総理がなんとか説得して事実上の撤回となったものの、もしもあのとき説得できていなかったら…と考えると恐ろしい。

複数の国が日本を狙い、すでに内側から世論を変えようと工作員を送り込んでいる。

あなたは日本の一部の政治家やマスコミが変だと思ったことはないだろうか?それは工作員かもしれない。

スイス政府の「民間防衛」によるとすでに日本は第5段階にまで到達している。あとは国民が無抵抗になった瞬間を狙って移民を受け入れるだけ。これで国の乗っ取りが完了し、日本は完全にコントロールを失う。

また安倍総理は現行の憲法9条では自衛隊の存在が違憲とみなされてしまうことも問題視している。

これでは日本のために命をかけて仕事をしている自衛隊員があまりにも可哀想という話だ。

安倍総理「自衛隊の(憲法)明記についてはこの厳しい安全環境の中で、北朝鮮の脅威があり、アジア太平洋地域の安全保障環境が大変厳しくなっている中で24時間365日、国民の命を守るために頑張っている。あるいは災害があれば直ちに駆けつけ国民の命を救うために命がけで彼らは頑張るわけであります。しかし憲法学者に対する調査において、朝日新聞の調査においても明確に『合憲』と言い切った比率は2割ちょっとですね。あとの方は大体『疑いを拭いきれない』という人たちです。明確に『違憲』という人もいる。教科書にもその記述が書かれていますね。ということは自衛隊員のお子さんもそう学んでいるんですよ。ある自衛隊員が子供から『お父さん違憲なの?』と聞かれたと言っていた。非常にショックだったんですね。私たちはこの状況を変えていく必要があるんだと思っています」

ここまで読み進めてあなたはどのような意見を持っただろうか。一度真剣に考えてみてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (30)

  1. 憲法9条があっても自衛はできるって主張にも答えといたが良いね。

    日本は9条があるせいで、戦力ではない何かが、交戦以外の方法で自衛することしか認められていない。
    その為、自衛隊は戦力でないと強弁できるよう、普通の軍隊と比べて装備面でも制度面でも様々な制約が課せられる。交戦しているわけではないと言い張れるよう、普通なら自衛の範囲と認められることまで含め、行動が大きく制限されてしまう。
    あらゆる軍事手段を取れる相手に対し、戦う前から大きなハンデを背負ってるんだよね。

    それだけ手を縛って足を縛って、誤魔化しながら持っている自衛隊ですら、憲法学者の大多数は「違憲」であると判断している。
    ハンデ背負いながら命を張って戦っても、常に横から違法だ犯罪だと責められる可能性があるわけ。

     
  2. >マンガを削除いたしました。 現在の憲法9条の問題点はどこなのか、
    >改正案の内容をよく調べておりませんでした。
    >勉強不足であったことを大変反省しております。
    >沢山拡散された後になり大変申し訳ございません。
    >9条の問題点と改正案、事実関係を調べ論理のつじつまを合わせた上で描き直します

    このアホ漫画を作者が負けを認めて削除した件w

     
  3. 現行法でも最悪守れなくはないが、一撃以上食らってからだからな。
    例えば東京周辺に水爆落とされて、辺り一面死の土地にされてから「さぁ防衛だ!」って・・・果たしてなるか?

     
  4. これ滅茶苦茶だって作者も認めてるでしょ
    国民感情が開戦に向かったらどうするの?
    世界で唯一人を殺さないことが前提の軍隊が自衛隊、素晴らしいと思いますが
    憲法は理念です、現実に合わせて変えるとかお笑い種です
    現実を理想に近づけるじゃなく理想を減じるに合わせて変えやすくする、正に世界の笑いもの
    愚の骨頂ですね
    アメリカの銃規制みたいな幼稚な論法で納得とかほんとこれで納得しちゃう人はヤバいですよ

     
  5. >憲法は理念です、現実に合わせて変えるとかお笑い種です

    法治国家において憲法は守るべき法律だ。
    理念だなんて言っている時点で世界の笑いもの。

     
  6. >アメリカの銃規制みたいな幼稚な論法で納得とかほんとこれで納得しちゃう人はヤバいですよ

    アメリカは国民が武装する権利を憲法で保障している。
    だから銃規制が一向に進まないわけ。刑法で規制しようとしても憲法違反になってしまうから。
    そのせいで毎年どれだけの命が失われているか。
    時代に合わせて憲法は変えるべきという好例。

    そもそも先進民主国家で憲法を一度も改正してない国は日本だけ。
    同じ敗戦国のドイツも60回以上改正している。
    人間が作ったものに不磨の大典なんて存在しない。
    法律が時代に沿っているか代々判断していくのが当たり前の民主国家だよ。

     
  7. 「改正」ではなく「廃止」すべきです。
    安倍改憲案はとんでもない。憲法の枠外にある自衛隊を九条に閉じ込めて身動きできないようにしてどうする。日本が一人前の独立国家になることを阻害し米国の属国状態を固定化しようとする国賊自民党を何としても排除しなければならない。

     
  8. まーた「耳障りの良い」か。
    「耳障り」をどんな意味だと思ってるんだろうか…

    >これ滅茶苦茶だって作者も認めてるでしょ
    乱暴な言葉で袋叩きにして無理矢理認めさせただけでしょう?
    気に入らない相手は徹底的にあらゆる手段で攻撃するのが憲法9条教ですからね。

     
  9. >憲法は理念です、現実に合わせて変えるとかお笑い種です

    いやいや、憲法も現実に則った内容であるべきでしょうよ…
    机上の空論ばかりに囚われ、現実離れしてしまった法など価値がない。

    憲法も現実に沿った内容で作るべきだ。
    そして現実は、時間の流れとともに刻一刻と変化していく。
    その変化に合わせて、憲法も変えていくべきだ。

     
  10. >憲法の枠外にある自衛隊を九条に閉じ込めて身動きできないようにしてどうする。

    枠外じゃ違法組織だろ。自衛隊は9条に従って作られた組織だよ。
    自衛隊は戦力でなく、交戦権の行使もできないから、9条に合致しているというのが代々の政府見解。

    しかし、その言い分は苦しいとして、憲法学者の実に7割が違憲の可能性があると見ている。
    とはいえ違憲だったら解隊しなきゃいけなくなる。
    違憲の可能性があることは無視して、合憲だと言い張ることで、今の今まで自衛隊を保持してきたんだよ。

    今の加憲案は、少なくとも自衛隊に関しては違憲と呼ばれる余地を無くすためのもの。
    9条廃止なんて言って国会の3分の2の了承が得られる訳無いから、実現可能性のある案としてはこれしかないんだよね。

     
  11. >憲法は理念です、現実に合わせて変えるとかお笑い種です

    理念なんて言葉使って論客ぶって本質見えてない方が笑い種ですけどね。
    憲法は国を作り運営するに当たっての目標や夢、理想でいいのです。
    そしてそれらは変わることがおかしいことでしょうか?

    最近の教育の実態は知りませんが政治や憲法を語る年齢なら子どもの頃にやったのではないでしょうか?
    将来の夢はなんですか?と。
    その時語られた夢は純粋です。格好いいから、綺麗だから。そんな純粋な理由です。
    ですが歳を重ねれば夢は現実と向き合わなくてはなりません。
    ただ好みや興味が変わった場合もあるでしょう。
    容姿や金銭、環境等努力で覆せない事も多々あり、挫折や無念と折り合いをつけて目標を変えることも多いのではないでしょうか。
    ではそんな人々は笑い種なんでしょうか?

    憲法も同じで良いのでは?
    GHQに押しつけられた背景はこの際置いておきます。
    確かに戦争をしたくないという理想は素晴らしいです。
    ですが戦争をしたくなくても仕掛けられることがあり得るのが現実です。
    なら戦争を仕掛けることはしない、平和を願い対話での解決に努力をするともに万が一に備え自国を守るすべはしっかりと確保する位の理想の幅のゆとりはあってもいいのでは?

     
  12. まず、スイスの話は憲法9条とは何の関係もない。カテゴリーの違う話を9条の必要条件している時点で、この話が破綻している証だと思うのだが、それを横において。
    論理のすり替え
    世界情勢の話を強盗にすり替えているが
    まず、強盗は、加害者と被害者の力関係にも、そのコミュニティーの関係性にも何の影響も与えない。
    しかし、発達した資本主義国に対する侵略は、チベットのような国とは違い、世界経済と世界政治に致命的なダメージを与える可能性がある。
    第2時大戦後の戦争の大半にアメリカが関わっているが、アメリカが仕掛けている戦争の中に、経済的に世界レベルの影響を持つ国には仕掛けていない。
    現在の世界において、グローバル化した経済圏に関わっている国への戦争は、そのまま、世界規模への危機につながる。
    もう一つは、第2次世界大戦時と違い、そうした国の破壊力は大戦以前の比ではない。
    現在だからこそ、事実上、戦争によらず外交での紛争解決以外、選択肢はない。
    戦争を前提にするのは、まさに戦争が起こった場合の想像すら行わない「平和ボケ」そのものだといえるだろう。
    必要な自衛力を保つことを否定するわけではない。しかし、安倍内閣が集団安保を合法化としたことで、明らかに、改憲は自衛力のためではなくなったという現実を見る必要がある。

     
  13. 憲法なんて変わって当然。何十年も前のものをずーっと(国民のほとんどが内容もよく知らないままに)変えずにいるのは先進国では日本くらいだよ。戦後しばらくは、現行のGHQ憲法が神聖化されていたのは天皇の存在を認めてたからじゃない?米国は日本の再軍備を恐れ、一方で宗教的大人気の天皇には戦争責任は問えなかった。軍備禁止と天皇責任破棄はきっとトレードオフだったんだよ。
    もうそろそろ、自分の国の憲法にもっと興味をもって、今の社会にどういうルールが必要か考え直してもいいんじゃないか?ってことで与党で3分の2を取ったんだろう。
    安倍はアジア版NATOを考えてると思う。

     
  14. 勘違いしてるのが多いみたいだけど、憲法とは理想や理念ではないぞ。
    従うべき最も基本的な法律のことなんだよ。
    憲法に反した立法や政治を行う事はできないわけ。

    じゃあ自衛隊は何だという奴がいるかもしれない。
    まさにそれなんだよね。
    本当は憲法に反したものは持っちゃいけないのに、憲法学者の大半が違憲と考えるものを無理やり持っちゃってるのが日本。
    そのせいで、憲法は理想だから別に守れなくても良いんだみたいな勘違いが生じてしまう。
    それこそ立憲主義を蔑ろにしているんだよ。

    立憲主義とは護憲の事なんかじゃない。
    憲法に従って政をしていくこと。現実に沿わない条文が出てきたら、時代に応じて改正し、守れる法律にしていくことだよ。

     
  15. >アメリカが仕掛けている戦争の中に、経済的に世界レベルの影響を持つ国には仕掛けていない。

    これはこの頃左翼が使い出した論法。
    経済大国に戦争を仕掛ける国はない、という論理。これは完全に詭弁なんだよね。
    そもそも経済力が強い国が、その強い経済力に比例した強力な軍事力を持って居なかった例は、戦後世界にただの一例として存在し無い。
    日本に関しては、経済力に比して極端に頼りない軍事力・有事法制ではあったが、米軍という強力な番犬を持っていた。
    今後もその前提に従って安全保障を考えるんなら、経済力相応の国防を整えていくべきとなるのは理の当然。

    そもそも経済が戦争の抑止力なるという考えは全くの夢想。
    両次大戦が起きた際、ドイツの主な貿易相手国はイギリスだった。独ソ戦の際、ドイツの数少ない貿易相手となっていたのがソ連だった。そして日本の最も重要な貿易相手であったアメリカとの間で太平洋戦争が起きている。
    いざとなれば経済関係などとは無関係に戦争が起きている事実。

     
  16. >もう一つは、第2次世界大戦時と違い、そうした国の破壊力は大戦以前の比ではない。

    核保有国の全面戦争は敷居が高くなったが、今でも局地戦なら十分に起こり得るんだよ。
    現に中国は、戦後もソ連を含め、国境を接するほぼ全ての国と紛争を起こしている。
    フォークランド紛争のように、大国に喧嘩をしかける例すらある。

    全面戦争に至るまでの紛争レベルなら何時でも起き得ることを覚悟して、隙無く防衛力を整備していかなくてはいけない。

     
  17. >そうした国の破壊力は大戦以前の比ではない。

    まさに抑止力が戦争を防いでいるのが現実。
    だから日本も相手が恐れる程度の破壊力は持ってなくちゃいけないんだよね。
    それを阻んでいるのが憲法9条であることは言うまでもない。
    自衛隊は9条の制約から、普通の軍隊とは違い、戦力ではなく、交戦権も行使できないという事になっている。
    そのため専守防衛に限定した装備しか持っておらず、敵基地攻撃能力を保有してない。

    中国は日本を射程に収める1000基もの弾道ミサイルを所持している。
    いざ戦争となれば、通常弾頭の飽和攻撃によって、日本全国の主要インフラを破壊できる。
    日本は何の反撃もできず、国家機能が破壊されていくのを黙って見ている事しかできない。
    これじゃ相手にならない。何の抑止にもならない。反撃能力も込みで自衛力なんだよ。
    アメリカ様お頼みしますがいつまでも通用するとは限らないし、真っ当な国防ができるよう、ちゃんと制度も変えていかなくちゃ。

     
  18. この漫画を読んで「なるほど!」って思った人は情報戦にやられ易い人だな。

    作者が誰かは知らんが、
    「もちろんこの漫画も改憲派の情報戦略の一つと思って読むくらい情報には慎重になってね」
    くらいの中立性を出していれば評価できた。

     
  19. ここの管理人がアメリカの犬自民党のさらに犬なのがわかった。
    弱体化したアメリカが日本に負担を押し付けたいだけなのに、何が愛国だ

     
  20. 軍隊だけじゃ戦争ができないのだから
    9条2項の「その他の戦力不保持」
    という条項だけでみると
    後方支援という括りは
    その他の戦力にあたるから憲法違反になる
    反面 産業に置ける生産活動それに関連する総てが
    憲法違反になるので労働し対価を受ける行為
    =日々生活する行為そのものが憲法違反になる。
    というロジックも成立する。
    いずれにせよ現行憲法は矛盾だらけなのが実態。

     
  21. 旧憲法を変えて今の憲法にするときに
    正当な手続きを踏んでいないので
    今も旧憲法が有効だとする言説がある。
    憲法学の権威 宮沢や美濃部は
    今の憲法学の流れをつくったのだのだが
    初めは憲法改正無効であり現行憲法は無効であるという
    否定の立場だった。
    しかし変節して己の学説の辻褄を合わせるため
    敗戦を革命と言替え8月革命説なる珍妙なる学説をひねり出し
    現在ではこれが憲法学の基礎となっている
    八月の敗戦を革命であるから趙伯耆的措置も許されるのであって
    帝国憲法改正規定は適用されないいうわけ。
    なら 超法規的措置で憲法改正しても良いわけですよ。
    つまり、いまの混乱は現実乖離している憲法学という学問で
    政治介入する学者が原因だということ。
    とんでもない話で
    学者風情が何様だ、と。
    俺たちはお前らのおもちゃじゃねえぞ!と
    皆は声を上げるべきです。
    現に野党の根拠は専門家が違反というから違反だ
    これmおとんでもない話であり立法府の構成員であるならば
    参考(¬_¬;) ン?Iする程度で 立法をするべきなんですよ。
    違反かどうかは裁判所の判断であり
    学者が判断することは越権行為。
    もっとも、裁判官はその学説で勉強し
    教授から単位をもらっているわけで
    腹をくくれる人がイルカは疑問ですがね。

     
  22. というか
    ちゃんと 国際法と 日本国憲法の立ち位置
    分かっているのかな?

    日本国憲法は 日本内で適用
    それより上にある
    国際法では 自衛隊は軍隊になる

    ならば 自衛隊を軍隊でないというのは
    国際法に矛盾する

    それと 日本が戦争するっていうなら
    何処と戦えるの?
    戦争するのに 負けるつもりで戦うの?
    大学の記念受験じゃないんだよ‼
    負ければ 今以上の借金を背負うことになるし
    損害の修復は 被災地復興より険しいことになるだろう

    勝つとして 何処となら勝てる?
    日本が戦争すれば
    ほぼ確実に 国連軍が編成されるだろう
    やっぱり 原爆落としても まだ反省してないんだな
    という見解で 5か国 一致するだろう
    中国なんかは格好の獲物だと思って強気で押してくる
    それで 終わったら
    日本の権利を中国によこしてくれ とか言うだろう

    国連軍相手に 日本が勝てるとは思えない
    非常任理事国という立場も 無視出来ないし

    このマンガ 全然問題無いと思うけど
    チベットの事件は事実だし
    相手側に立った見解とか考察

    これが問題なら
    小学8年生は 重罪 国際指名手配レベル

     
  23. 自衛隊の存続に現行の9条が足を引っ張ってるっていうのなら改憲自体は反対しない。
    だが集団的自衛権(安保法制)、テメェはダメだ。
    なんで同盟国が勝手に交戦した国に日本が自衛隊派遣しなきゃいかんのじゃ。
    アメリカが石油利権目当てで中東に戦争吹っかけたら日本も片棒担ぐの?
    前回は名目上「補給」任務だから交戦せずに済んだけど、今後は同盟国(アメリカ)の政情で交戦するかどうかが勝手に決まるんじゃが。

     
  24. ほえほえーくま 2017年10月29日 at 10:48 AM

    現状の憲法9条では来るもの拒まずで、小さな小競り合いから、島奪取に、尖閣EEZ海域へ入ってきたり船で体当りしたりと、何も防げない。だがそこへ戦艦一隻でも派兵できたなら、その全てが防げるからな。体当たりしてきたなら撃破すればいい。そうすれば、二度と同じことが起こることはありまい。

    現状の憲法9条に従って、来るもの拒まずで、何も防御をしてなければ、相手は戦艦で突っ込んでくるかも知れんが、予めこちらで戦艦を派遣しておけば、手痛いダメージはウケないしで、やっぱり改憲は必要だ。

    集団的自衛権は必須だ。アメリカがいかに間違ってようがアメリカを守るために追随する。これが日米軍事同盟の基本原則だ。さもなくば、日本は独自に完全武装して、日米軍事同盟を破棄しなければならない。アメリカだけが日本を守るような不公平な同盟があってはならない。

     
  25. 世界一テロ対策が進んでいるのにテロが絶えないイスラエル。
    平和ボケだのなんだのと言われながらテロが皆無な日本。
    どちらもアメリカの庇護下にあるがイスラエルに9条はない。

    この漫画は勉強も想像力も足りない。
    やり直し。

     
  26. >世界一テロ対策が進んでいるのにテロが絶えないイスラエル。

    イスラエルはアラブ人の住む地域に建国され、周りは全て敵国。
    人口10倍以上の敵国を相手取って、今までに何度も大規模な戦争を戦い抜いてきている。
    外敵ばかりでなく、国内でも人口の2割は敵性的なアラブ人のイスラム教徒。
    そんな状況で、いままで存立できているだけでも奇跡みたいな国だよ。
    それを可能としたのも、全ての戦争に勝ちぬいてきた強力な軍事力があったればこそ。
    憲法9条なんかがあれば、数年と持たずに滅んでしまっているよ。

    日本は国内はほとんど日本人だけであり、イスラム教徒は人口の0.1%に過ぎない。
    出入国管理さえしっかりすればテロリストが紛れ込む心配は少なく、周りは海に囲まれ、強力な海軍に守られている。

    そんな日本とイスラエルを同列に扱う時点で知識の欠片もなく、想像力も欠如した世迷い事以外の何物でも無い。

     
  27. >なんで同盟国が勝手に交戦した国に日本が自衛隊派遣しなきゃいかんのじゃ。

    アメリカの為の戦争になど付き合う必要も無い。
    集団的自衛権があろうとなかろうと、ドイツがイラク戦争に参加しなかったように、断れば良いだけの話。

    しかしPKO等の国連の活動については、全ての国連加盟国の義務だよ。
    国連は加盟国に対し、国際平和の維持の為に、国連の要請に基づいて派遣できる軍事力の保持を求めている。
    自分の国だけ平和なら良いって国は、そもそも国連に入るべきじゃない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!