netgeek

0

保護施設で仲良くなった鳩とチワワ。いつもくっついている

netgeek 2020年2月17日
 

飛ぶことのできない鳩と小さなチワワが仲良くなった。ニューヨークに拠点を置く非営利組織のThe Mia Foundationが素敵な写真を公開した。

まさか鳥と犬が仲良くなるとは…。

The Mia Foundationは主に犬、猫、馬、ヤギ、七面鳥、ロバを引き受けている保護施設だが、創設者のスー・ロジャーズさんはこう語る。

「たまに怪我した鳥やリスが運ばれてくることもあるのです」

鳩のハーマンはそんなイレギュラーな来客の一人だった。

ハーマンは元々、カーディーラーの車に3日間止まったまま動かなかったところを保護された。ウイルスの悪影響が脳にまで影響しており、もう二度と飛ぶことはできそうにない。そこでハーマンはThe Mia Foundationの永久住民となった。The Mia Foundationではお兄さんの年齢だ。

一方、チワワのランディ(現在、生後8週間)は生後4週間の時点で将来、車椅子が必要になるかもしれないと危惧されており、特別なケアが必要だった。

スー・ロジャーズさんには何か考えがあったようだ。

「ランディのベッドはハーマンの隣にしました」

ここから2匹の友情が始まる。当初、ハーマンは隣からじっと見ているだけだった。ところが、すぐに親密な関係になる。

かつてここまで仲良くなった鳩と犬を見たことがあるだろうか。

異種の動物なのに仲良し。

スー・ロジャーズさんの読みは大当たりだった。

2匹の微笑ましい姿はFacebookで絶大な支持を集め、絶賛された。ハーマンにとってランディは弟のような存在なのかもしれない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!