netgeek

7

【炎上】「妻のトリセツ」が面倒くさくて批判殺到!一番怒っているのは意外にも女性

腹BLACK 2019年1月20日
 

日本テレビ「スッキリ」で取り上げられたことで書籍「妻のトリセツ」(著者:黒川伊保子)が一気に有名になり、その内容に批判の声が殺到している。

まずは実際の放送の様子から。

「トリセツ」とは取扱説明書のこと。なんだか西野カナみたいだが、著者の黒川伊保子さんは60歳だ。

この本は女性の心理メカニズムを男性向けに解説したもの。しかし、女性にも人気なのだという。

女性に接するときの模範解答。こういうときは家事を手伝うのが正解。

妻の言葉は額面通り受け取ってはいけない。その裏を見抜くことが大事なのだ。

妻の言葉と、裏の本音まとめ。

出典:https://twitter.com/hana_ma09/status/1086054865883717632

非常に面倒くさく、放送後にネット上で騒ぎになったのも納得。意外だったのは女性からも批判の声があがったことだ。「実際にはこんなことはない」「ここまでではない」「妻と一括りにするのは間違い」「これは性格が悪いだけ」などと反論が相次ぐ。

要するに著者の性格がひねくれており、特殊な実体験、あるいは会話を想像して書いたものが大半なのではないか。

確かに女性と男性とでは脳機能の違いからコミュニケーションに差が生まれることがあるとは言われるが、世の女性が全てここまで回りくどいとは思えない。

▼著者の黒川伊保子さん。

もし妻のトリセツを実践するなら、極度にわがままで共感を求める妻に対し、夫は懸命にご機嫌取りをする奴隷にならないといけないということになる。それで表面上の夫婦関係はうまくいくかもしれないが、夫のストレスは増えるばかり。とてもではないが幸せになれるとは思えない。

実際の夫婦生活では改善可能な不満があればしっかり言葉にして相手に伝えることが大事なのではないだろうか。その際、相手の気分を害さないよう言い方に気をつけることが大事。相手に汲み取ってもらえないと不機嫌になるようでは誰ともうまくいかない。

今すぐタイトルを「妻のトリセツ」から「私のトリセツ」に変えたほうがいい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 男脳とか女脳とか言う科学的に否定された説に基づいて男下げする記事ばっか書いてるクソフェミじゃんこいつ

     
  2. まあ、まさに女の特徴だね
    陰湿な被害者意識の塊。しかもヒステリーで、頭が悪くて理性がなく、自分が悪いと考えるための思考回路が欠落してる

     
  3. 夫婦じゃない同性2名の間でも発生し得る「人間のアタリマエの感情」の様に見える。

     
  4. 全部当てはまってるわけじゃないけど正解なところもある。
    例えば…1つの言葉に対しての翻訳がふくすうあるやつは所々合ってるから反駁しにくいとか…。
    全部じゃないことは男性の方にはわかってほしいけど、男性は相談とかされると解決策を探そうとするらしく、それに対して女性は共感や自分を知って欲しいっていう心理が働くと前にテレビで観ました。男性からしたら共感や相槌はすごく面倒なことだと思う。女性も男性に理解や共感を求めるだけじゃなくて多少の我慢をしないと片方が耐えないといけないですからね…。バランスを考えないと…。

     
  5. こういった本に異議を唱えるその行動こそ、女性の面倒臭さがよく現れていると思う。
    この本はそもそも、「なぜかすぐ不機嫌になる扱いにくくて面倒臭い妻に悩む夫」向けに書かれた物であって、自分がその「面倒臭い妻」に当てはまっていないのであれば夫も悩んでいないであろう。ということはこれは『自称面倒臭くない妻』には関係の無い話題のはずだ。
    仮に夫がこの本を読んだとしても、「うちの妻とは違うな」と思えばそこで終了するだけのことである。
    それなのになぜこんなにつっかかるのか。この本を見て、「私は違う!」「女がみんなこうだと思われたら迷惑!」と思い込む女性こそが、まさに面倒臭い妻なのでは?と思ってしまう。

    私は従業員の9割が女性の職場で働いているが、この画像だけ見ても「こういう女性多いなぁ」と思ってしまう。若い子よりも断然主婦によく見られる傾向だと感じる。
    「一人でできます」と言うから任せておけば、後で「手伝ってくれなかった」とボヤかれることは本当によくある。面倒臭いので最初から無理やり手伝うようにしたら女性にモテるようになったのもまた事実である。

    世の中は女性の気持ちを察することができない男性だらけなので、この手の本が広まるのは女性にとって本来喜ばしいことではないのだろうか?

    せっかく勉強になるなと思いながらこの本を読んでいた男性諸君も、当の女性から「この本は違う」と言われてしまえば、「なんだ違うのか、じゃあ今まで通りでいいや」と勉強を辞め、せっかくの優男になれる機会を奪われてしまうことになる。
    そしてデリカシーのないまま会社や家庭で日々の生活を送り、そんな男性を見て女性は「あいつは女心のわからない男だ!」と怒り狂うのだ。

    女性達がこの本に反発したら次は一体どんな本が流行るのか…。そして次に流行った本に女性はどんな文句を言うのか…。ある意味楽しみである。
    あれをやっても文句を言われ、じゃあこれをしたら文句を言われ、何もしなくても文句を言われる。
    女性とは不可思議な生物だと心底思う。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!