netgeek

2

【レーダー照射】防衛省がついに瀬取りの可能性に言及

netgeek 2019年1月10日
 

韓国はなぜここまで頑なに火器管制レーダーの照射を認めないのか。辻褄の合わない言い逃れを繰り返す背景にはとんでもない裏事情がありそうだ。

元防衛省・西村金一氏の見解。

西村金一氏が瀬取りの可能性を示唆したところ、防衛省の関係者は「否定はできない」という回答を行った。さらにちょうど時を同じくして海上自衛隊が韓国の瀬取りをテーマにして調査していることも分かった。

北朝鮮の漁船は遭難したと見せかけて実はただ韓国と不正な取引を行っていただけなのではないか。瀬取りの可能性は当初からネット上で指摘されていた。

参考:北朝鮮の瀬取りが巧妙化して小型船や他国の領海内で密輸 ←点と点が線で繋がった

当時、瀬取りを行っていた駆逐艦の現場担当者は自衛隊の哨戒機が近づいてきたのに気づいてひどく動揺してしまった。国連制裁決議違反になることも知っており、このままでは大事になってしまう。慌てて取った苦肉の策がレーダー照射で追い払うこと。無線には応答せず、ただひたすら哨戒機が立ち去るのを待った。

その後、「行方不明になった北朝鮮の船を探すためにレーダーを照射しただけ。哨戒機が先に威嚇してきた。天候が悪くて無線は聞こえなかった。いや、やっぱりレーダー照射はなくてカメラで撮影しただけ」などという苦しい言い訳で誤魔化そうとする。

第三者が物的証拠を見れば嘘がバレてしまうのだが、それでも瀬取りがバレるよりはまし。これが実際のところかもしれない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. では瀬取りで何を横流ししていたかと言う問題だが、小さな漁船で運べ、尚且つ、軍艦で護送したくなるような大事な物となる。石油は、確かに北朝鮮でも不足しているが、漁船に積める量はたかがしれてる。軍艦で護送するほどの物でもない。ところで、韓国は、1970年代から1980年代にかけて兵器級プルトニウムの抽出とレーザー濃縮法によるウラニウムの濃縮をIAEAに申告しないで行なっていたことが、2004年に判明している。レーザー濃縮は、日本の特許をパクったもので、特許に記載されていた図面そっくりに制作されていた。ここまでは事実である。これをまだ持っていたとするとどうだろうか?或いは、発覚後も抽出や濃縮を続けていたとすればどうだろうか?プルトニウムは持ったものの原爆に加工しているところを人工衛星で見つけられるとアメリカに酷く怒られることが分かっているので、取り扱いに困っていたのではないか?これを北朝鮮に渡してあげると正恩との「秘密の共有」が行われ、連帯感が強まるのではないか?と考えると極めて素直なシナリオが成立する。哨戒機には、レーダー照射されても現場に留まり、証拠を抑えて欲しかった。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!