netgeek

6

【炎上】舛添要一「レーダー照射問題、日本は韓国に落とし所を用意してあげよう!」

netgeek 2019年1月5日
 

舛添要一元都知事はやけに韓国のことが好きなようだ。火器管制レーダー照射問題について、日本が落とし所を探るべきだという主張を行った。

メディアの取材において持論を展開。

スポーツ報知の記事には舛添要一氏の考えが次のように書かれている。

文在寅大統領は金大中、盧武鉉政権の流れをくむ左翼ポピュリストであり、対北朝鮮融和、対日強硬が特色だ。ただ、昨年の米朝首脳会談以降、北朝鮮との関係に大きな進展はなく、支持率も落ちている。『反日カード』を切り続けなくては政権がもたないと判断しているのだろう。

(中略)

外交などによる政治的解決はなかなか難しいだろうが、日米韓の軍トップによる話し合いで、落としどころを探るしかないのではないか」

https://www.hochi.co.jp/topics/20190104-OHT1T50200.html

今回の騒動について日本は落ち度が全くなく、100%被害者なわけであるから「落とし所を探る」という表現には眉をひそめてしまう。これは要するに低空飛行で威嚇したと認め、だから韓国がレーダー照射を行ったという話にするということだろうか。

舛添要一氏が言う「落とし所」というのが具体的にどういうことなのかは分からないが、この考えには同調できず、ネット上では批判の声が殺到した。日本がとるべき行動は証拠をしっかりと提示し、韓国に非を認めさせることであろう。

すでに国内では「韓国が非を認めなければ制裁を加えるべき」という世論も高まりつつある。そんな中で話し合って落とし所を探るというのは到底受け入れがたい提案だ。

韓国寄りの舛添要一氏の考えはよく理解することができない。

そういえば、東京五輪のボランティアユニフォームが韓国風だったのは偶然だろうか。当時の舛添要一都知事はずいぶんと気に入っていたようだが、あまりにもダサいと不評で後に小池百合子都知事が変更することになった。

日本が韓国に用意すべきは落とし所か、はたまた制裁か。ロックオンされて命の危険を感じた自衛隊員が泣き寝入るすることになるのはなんともおかしな話だと思うのだが…。

あわせて読みたい→【衝撃】元妻の片山さつきが「舛添要一のヤバイ12のエピソード」を暴露

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (6)

  1. 落とし所はちゃんとしてるでしょ?

    ”韓国政府が嘘を認め公式に謝罪する”っていう落とし所が。

     
  2. この人はソウル市に日本人学校の建て替えでお世話になったから、恩返しに市ヶ谷商業高校跡地を韓国に貸与しようとしたんですよ!!日本人学校の建て替えはそれまで使用していた土地を買い上げて新たに土地を提供されただけ。なのに市ヶ谷の件は現在の韓国学校が手狭になったから追加する形で土地を貸して増設するものでした。生徒が増えもしない韓国学校の増設名目で何で貸すかな?思えば…それが舛添氏の言うところの「落とし所」だったんでしょうか?韓国に忖度するのが舛添氏の言う「落とし所」なら、御意見無用です。

     
  3. 一番最初の段階が向こうにとって一番都合の良い落とし所だったのを、自分で自分を追い込んできただけの話 
    国際的条約を破棄した罪は、もはや日本だけが相手の問題ではないのだよ

     
  4. ゆすりたかり、窃盗と迷惑かけてくるだけの存在に落とし
    どころとかないやろ。
    反日政策が行き詰ってるとかは、向こうの勝手な事情。。
    付き合う事あれへん。
    中国、北朝鮮に行きたいなら行けばよし。。
    早く9条も変えないとね。日本海に見えない壁。。作らなきゃ

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!