netgeek

1

ロンドン大学の戦争学博士「日本は悪くない。大問題は韓国が無線に応じなかったことだ」

netgeek 2018年12月30日
 

韓国のレーダー照射問題について、イギリス・ロンドン大学キングス・カレッジで戦争学(軍事学)を専門とするアレッシオ・パタラーノ博士が独自の見解を表明した。

意見を英語で発信してくれて助かる。

※上記の画像は今回のものではない

アレッシオ・パタラーノ博士は海上自衛隊と親交があり、軍事関係の知識が豊富。日本では防衛大学校客員教授、政策大学院大学研究員、青山学院大学客員研究員などの経歴がある。

アレッシオ・パタラーノ博士は今回、自身のTwitterでプレスリリースに基づいて事態を説明しながら独自の意見を述べた。以下、分かりやすく補足解説も加えた意訳で紹介したい。

「プレスリリースによると、P-1哨戒機の高度は目視のための普通の高さであった」

「P-1哨戒機に対し、韓国駆逐艦はVHFチャンネルをモニタリングすることで対応する機会が十分にあった」

「他方で韓国は『日本のP-1哨戒機がP-3Cの上を低空飛行で威嚇した』というが、P-1哨戒機の通過について危険ということは全くなかった。状況を考えれば分かる」

アレッシオ・パタラーノ博士はこの他にも韓国が日本に抗議したというニュースを参照し、P-1哨戒機の乗組員を擁護したうえで「韓国の対応はおかしい」と批判するツイートを多数投稿している。

日本と韓国の言い分が真っ向から対立する中でこうして第三者が意見してくれるのは大変ありがたい。

▼韓国は国防省や報道官がレーダー照射を否定し、むしろ日本に落ち度があったと主張している。

韓国は無線に答えなかった理由として当初は「天候が悪くて波が高く、音声が不明瞭だった」と説明していたが、防衛省がYouTubeで動画を公開して天候が良かったことが証明されると今度は「英語の発音が不明瞭で何を言っているか分からなかった」と証言を変えた。それならばすぐに聞き返せばいいのに、故意に無視したことは明白だ。

何かやましいことがあるから嘘に嘘を重ねて誤魔化しているに違いない。

なお、防衛省は証拠映像の英語版もYouTubeに投稿した(12月28日公開)。

この記事執筆時点(12月30日)ではすでに50万再生を突破し、3万もの高評価が集まっている。

日本と韓国、どちらが正しいのかは世界の世論が判断してほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

  1. 韓国語に訳した動画を公開しないのは、
    僅かながらの
    我が国の情けでしょうかねぇ…

    この際
    過去に民主党政権時代に揉み消されたと云われてる
    動画も有れば一緒に公開して欲しいですよね?

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!