netgeek

1

ワタミのガリガリバイトさん、居酒屋「一休」で生存確認か

腹BLACK 2016年9月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ブラック企業の代表格となった居酒屋ワタミのHPに掲載された明らかに痩せすぎな男性が別の居酒屋「一休」で確認されたと話題になっている。本人かどうか確証はないものの、顔の特徴はかなり似ている。

ガリガリバイトさんとは、やりがいを強調する洗脳教育を行うワタミにて、犠牲となっているとみられていた男性だ。

watami (7)

見たところ20代だろうか。彼はコミュニケーション能力が低いという性格を意識しつつもワタミのアルバイトで自分が変えられたと嬉しそうに語っている。だが、その顔を見るに極度に痩せており、健康状態が悪いのではないかと噂された。

事実、ワタミでは訴訟にまで発展した過労死事件が起きており、根が真面目な人ほど倒れるまで働いて犠牲になってしまうと指摘されていたのだ。創業者の渡邉美樹氏は世間のバッシングに盛大に反論し、ワタミはブラック企業ではないと断言。それでも低賃金・長時間労働という実態は変わらない。

さて、そんな健康状態が心配されていたガリガリバイトさんが一休のメニューに載っているのが見つかった。

watami_ikkyu

鼻・耳・顎の形、髪型から同一人物であるように思える。目のあたりがくぼんでいるのが気になるが、それでも以前より健康的な顔つきになったように見えるのは確かだろう。うまく転職に成功して地獄から抜け出したのではないだろうか。

▼ちなみにワタミと検索するとこの男性が上位に表示されるほどの有名さ。

watami_garigari-1

▼ワタミと一休の会社評価を従業員による口コミサイトVOKERSで調べた結果。ワタミの評価が皆無なのは何か圧力がかかったのかもしれない…。

watami_garigari-2

少なくともVOKERで確認する限りでは一休の残業時間は25時間と短めで総合評価も決して悪くはない。ブラックな労働環境に陥りがちな飲食業において、そう悪くはない環境だと思われる。

さて、この記事を書いたのは何も「ガリガリバイトさん」などと言って揶揄するのが目的ではない。ワタミの劣悪な労働環境をバッシングするのが主目的だ。

すでに有名にはなったが、ここで改めてワタミの悪どさをまとめておきたい。

(1)ワタミグループでは創業者の渡邉美樹氏の言葉「365日24時間死ぬまで働け」が暗躍している。

watami (1)

(2)渡邉美樹のヤバイ言葉「仕事はありがとうの言葉を集めるためにするものだ。人間は食べ物がなくても感動を食べるだけで生きていける」

watami (2)

(3)渡邉美樹が語る店長論。「飯を食わずに働け!」

watami (3)

(4)渡邉美樹「ワタミはブラック企業じゃない」

watami (9)

watami (10)

watami (12)

watami (14)

(5)従業員からだけでなく顧客からも搾取する。

watami_tatiuo

(6)悪評が広まって来客数が落ちているワタミは別ブランドを展開中。名前ロンダリングとでも言おうか。隠れワタミに注意されたい。

Ihq0NTC

4T7JkXL

参考:その飲食店、隠れワタミだよ。知らないのか?

旧来は飲食チェーン店の従業員目線の裏事情など知られることはほとんどなかったが、インターネットが発達した今では真実が広く、なおかつ即座に伝わるようになった。渡邉美樹氏の卑怯な経営のやり方は時代の変化に対応できず、落ち目になっている。

あわせ読みたい→ワタミで生き残る社員はゴールドマンサックスの社員並に優秀である

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 現在の和民はどうなってるの?
    その辺は置いときながら、ここまでこのネタ引っ張ってるのを見ると、ただ執拗に嫌がらせしてるだけのようにしか思えない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!