netgeek

0

体重444kg!巨漢男の全身をX線で撮影したら中身はすごく痩せてた!!

腹BLACK 2014年6月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

体重が444kgもある男性の全身をレントゲン撮影したところ、体の内部が驚くべき構造になっていたと海外で話題になっている。いや、よくよく考えてみると当たり前なのだが、大きな体とは対照的に骨格は極めてスリムなのだ。

そうそう目にする機会のない変な画像に海外は「こんな風になっているのか!」と大盛り上がり。人間の体って不思議だ。

参考:This Is What A 980-Pound Man Looks Like On The Inside
http://www.buzzfeed.com/richardhjames/this-is-what-a-980-pound-man-looks-like-on-the-inside

X線で撮影してみるとなんとこの通り!こちらの画像は現在、外国人の間でtwitterにて大拡散中。
men

映っているのはブリトン・ケイス・マーティン氏。
men2

BMIは最大で155あり、医者は「痩せないとあと2年しか生きられない」と警告。
man3

マーティン氏はテレビ番組「70 Stone & Almost Dead.」にも取り上げられて一躍有名になった。それにしても腕の太さが尋常じゃない…。
man1

頑張って痩せようと努力した結果、現在は158kgのダイエットに成功!数年ぶりに立つことができたという。
man2

外国人のリアクション

・骨は太らないんだね!

・すげーギャップ…

・誰かこの画像を踊るGIF画にしてくれ

・骨太なんてないのか

・信じられない!!

・158kg痩せるってすごいなw羨ましいわw

・こんな風になってるなんて想像したことなかったな

***

さすがに体重が444kgもあると、骨に相当負担がかかりそう。骨も太るようになっていたら、うまくバランスがとれるのに…と思わずにはいられない驚愕の1枚であった。健康には気をつけたいものである。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!