netgeek

6

五輪ボランティア、医療スタッフも報酬0円 「お気持ちのある方に来ていただく」

腹BLACK 2018年10月16日
 

2020東京五輪について、専門知識をもって仕事をする医療スタッフも無報酬になるということが確定した。もはや日本という国がブラック企業。これはとんでもない話だ。

医師も反発。

組織委員会は10月15日、医師、看護師らの医療スタッフも無報酬にするという方針を固めた(現場の責任者だけは報酬が出る)。これから大学病院や医師会などに協力を求めていくという。

医師という高度な専門知識を要する仕事も無報酬にすることについては、すでに8月の時点で高尾美穂医師が疑問の声をあげ、Twitterでは5万以上もリツイートされていた。

東京五輪が赤字になる見込みで余裕がないのは分かる。しかし一方で役員は高額な報酬を得て、さらに不正な出費もあったことが分かった。

参考:会計検査院が激怒!東京五輪「予算1500億円だったけどもう8000億円使っちゃいました」

権力者たちは甘い汁を吸っておいて一般人にはタダ働きを要求するというのはおかしい。そんなことを要求するのなら組織委員会の役員たちも全員ボランティアで取り組むのが筋だろう。森喜朗会長は「ボランティアのつもりでやっている」と発言したが、実際には報酬を受け取っており、全くボランティアではない。

さらに1964年の東京五輪では報酬が支払われていたことが判明した。

当時、学生の身でありながら通訳を担当した長井鞠子さんは「お給料もいっぱいもらいました」と発言し、今の無報酬のボランティアは「搾取」と指摘している。これは極めて正論だろう。

他方で運営陣はタダ働きという条件を頑なに崩さない。

新宿ではボランティアの応募用紙が配られているようだ。締切は12月5日。

出典:https://twitter.com/kasa919JI/status/1050942961343549440

学生の反応はいまひとつよくない。労働条件がブラックだと怒りを声をあげる人が多い。

応募すると決めている人はかなりの少数派。

募集8万人に対して10月5日の時点で応募は3万1982人。このペースで12月までに必要人数が集められるとは思えない。また東京都が2万人を募集する都市ボランティアは3,426件の応募があったのみ。このままでは相当まずいのではないだろうか。

東京五輪については竹中平蔵の動きも卑怯だと指摘されている。

自分がパソナ会長という立場でありながら東京五輪の研修をパソナが担当することにさせた。引受金額は非公開で明らかな利益相反だという指摘がある。

問題山積みの東京五輪。1964年の東京五輪は報酬が支払えたのになぜ今回は支払えないのか。運営が下手で無駄遣いをしすぎているという印象が否めない。医師ですらタダ働きさせられる日本は終わっている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 交通費も宿泊費も食事費も、なんせ期間中の自分に関する維持管理費は自前
    しかも最短10日だったっけ?
    九州からの移動、宿泊、食事、現地の移動等々20万は超えるんじゃね?
    やってられんよ・・・・・・

    最低でも着替えだけ持って集合してくれればOKが前提だよね。
    でもって東京の最低賃金だけでも出しなよ。
    通訳・運転・医療関係といったライセンス必要なスタッフには都の規定額を算定しな。
    ドクターだと時給1万円ぐらいかな?

     
  2. 医療器具、機材、薬剤、その他入口廃棄物の処理、医療事故や過誤、感染等の保証、その他もろもろ。都が責任持ってくれるのか?報酬は払いません、事故は各自自己責任で都は関与しませんじゃ誰もやらんよ。報酬は責任における対価。微々たる報酬では責任ある仕事はできない。しかも交通費、宿泊先の確保は各自でしょ?
    めちゃくちゃだよ、本当に。

     
  3. 俺資格ねーけどやっていい?w
    責任?なにを持って責任を持てと言ってるのか分かりません。
    こちらはあくまでもボランティアですから責任は都が全てを負ってください( ^ω^ )

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!