netgeek

2

髪を寄付するために4歳から伸ばし続けた石田丞くん、7歳児にして文句なしのイケメン

腹BLACK 2018年9月16日
 

東京都内に住む石田丞(じょう)くんの高い志が絶賛されている。医療用ウィッグ(かつら)を提供するために4歳の頃から髪の毛を伸ばし始めた。

4歳児がする決断とは思えない。しかもやり遂げているところがすごい。

小学2年生の石田丞くんは男の子なのに髪を伸ばしており、普段は髪をくくっている。

4歳のときに髪の毛を寄付する事例を知り、自分もやりたいと親に伝えた。

父親は当初、からかわれる理由になるからと反対だった。しかし、丞くんの意志を尊重することに。

その後、父親は子供が「お嬢ちゃん」と話しかけられる度に「実は男なんですよ」と言って事情を説明していた。学校ではからかわれることもあったようだ。

丞くんは「女の子ってからかわれたりした。ちょっと嫌だったけど、もうちょっとだと思って切らなかった」とコメント。

そして3年目のこの日、十分な長さになったので断髪することに。青いゴムで束ねてハサミでばっさりと切る。

髪はNPO法人「Japan Hair Donation & Charity」を通して小児がんで髪の毛を失った子供に提供する。

すっかり短髪になった丞くん。見た目も内面も文句なしのイケメンだ。

学校では丞くんに感化され、髪を伸ばす女の子もいたとのこと。4歳から始めて3年かけて実現した不屈の精神が素晴らしい。感動した。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. ヘアドネーション経験者 2018年11月19日 at 2:27 AM

    勇気ある素敵な小学生男児。
    多感な時期、人の目などもあるし、女性よりも
    数年間髪をのばし続けるということは容易ではないと思いました。
    人のために自ら行動する、強い意思、ただただ偉い。

    それにひきかえ、以下のツイートを思い出した。

    私は風疹予防接種しても抗体がつかない系妊婦なのですが、旦那は「子どもの頃にかかってる!予防接種なんかしたら体調悪くなる!忙しいから無理!」と。目の前の嫁我が子のために行動できない人間がこの日本には存在するのです。見ず知らずの妊婦のために行動できる人は一体何割なんでしょうか
    午前11:17 · 2018年11月7日 · Twitter

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!