netgeek

2

パーツ抜き取り疑惑のスマホバスター三宮店、被害者が「9月に修理した」と言い張るも開業は11月

腹BLACK 2018年8月25日
 

神戸にあるスマホバスター三宮店にiPhoneパーツの抜き取り疑惑が浮上して大炎上した騒動をご存知だろうか?その後、告発した被害者の証言が矛盾していることが判明し、本人はTwitterを退会してしまった。

約1ヶ月前に大拡散されたツイート。

スマホバスター三宮店で修理後、またiPhoneがおかしくなって今度は別の店に行ったところ、パーツがなくなっていることに気づいたという投稿だ。投稿したのは「gogakuryunen」というIDを使う人物。後に大学生と分かる。

しかしスマホバスター三宮店はこの投稿に真っ向から反論。刑事と民事で対抗し、情報開示請求を出したうえで訴訟を起こすと強気の対応をとった。

告発者した大学生は改めてスマホバスター三宮店を訪れ、当時の状況について説明した。修理時の訪問日などを確認していく過程で奇妙なことに気づく。その後、電話で話す機会をもうけたが、あるときから電話に出てくれなくなったという。

まず第一に大学生は修理に出した時期を2018年の3月か4月と言っていたが、店側の修理履歴になく、やっぱり2017年9月だったかもしれないと言い始める。しかしスマホバスター三宮店がオープンしたのは2017年11月だった。

netgeek編集部でTwitterアカウントを確認したところ、アカウントを取得したのは2017年10月で三宮店はまだオープンして日が浅いという印象。

さらにネット上でも訝しむ声が上がる。抜き取られたパーツの価値は数十円ほどで盗む価値がないものだというのだ。

▼近接センサー固定部品。わざわざ盗むほどのものではないとのこと。

出典:https://twitter.com/GreggMannJP/status/1019815657943183361

さらにnetgeek編集部で調べたところ、同店で他にパーツを抜き取られたという被害報告はないことが分かった。

そうこうしているうちに大学生はTwitterアカウントを削除してしまった。スマホバスターからの電話にも出ておらず、事実上の逃亡とみて間違いないだろう。

▼退会前のプロフィールでは神戸大学工学部とある。

▼告発した大学生の友人「修理代せびるのが目的」とある。いちゃもんをつけて儲けるつもりだった?

パーツがなくなっているのが確かだとしてもスマホバスター三宮店が盗んだという確証はなく、大学生は早合点してしまったのではないか。netgeek編集部では次のような可能性を考えてみた

・組み立て時にパーツがつけ忘れられた不良品だった

・以前、別の店に修理に出していた

・自分で修理した際にミスした

・第三者がパーツを抜き取った

スマホバスター三宮店が盗んだ、あるいは担当者の経験が浅くミスしてしまったという可能性も完全には否定しきれない。だが、大学生が逃亡したあたり、自らの非に気づいたということなのではないか。

もっとも、スマホバスターには運営会社が書かれていないという不審な点も。

公式HPには運営会社が書かれておらず、電話番号で検索すると…。

▼別の会社がヒットする。

▼株式会社グローウィングツリー(Growing tree co.,ltd.)がヒットする。こちらのキャプチャでは代表者は川北佐映子とあるが、現在は横山桂太に書き換えられている。

やましいことがなければスマホバスターの公式HPにちゃんと運営会社を記載してはどうか。スマホバスター三宮店では今後、修理の様子を動画で撮影することで対応するという。

多くの人が有罪と決めつけたスマホバスター三宮店はまだ黒とは言い切れず、冤罪だった可能性がある。netgeekではひとまず、ここまでで明らかになった情報を報じておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 電話番号で検索すると〜って、掛ければ確認可能なのではないでしょうか。

     
  2. 電話番号で~ってところですけど、明らかに三宮店ではない番号で検索してますよね。
    スマホバスターのHPの右肩に、「西九条店」「神戸三宮店」を選べますけど、
    選ばない状態で、表示されている番号を「三宮店」だとして検索しているように見えます。
    それで番号が違うとか、当然だと思うのですが・・・。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!